"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■特別企画

着物の準備と片付け
 準備するもの
 衣紋抜きけ
 後始末
 しみ抜き

帯揚げ・帯締めを手作り
 用意するもの
 裁断図
 帯揚げの作り方
 帯締めの作り方

色あわせ・柄あわせ
 色あわせ
 柄あわせ

普段着キモノ

大人のたしなみ
 風呂敷
 懐紙

 

"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを学ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから







大人のたしなみ 和小物をスマートに使いこなす

着物を着るようになって、風呂敷や懐紙といった「和小物」を使う場面が多くなりました。
いままでの生活では、「和小物なんて使わないよ〜〜大体、それってかっこいいの??」なぞと思っておりましたが、 いざ使ってみると、やっぱりというか、便利なんですね。

昔の風呂敷というと、いかにも「和」という雰囲気のものしか見かけませんでしたが、最近は もっとカジュアルな柄のかわいいものがたくさんあります。水玉模様とか、ストライプとか。

さりげなくささっと風呂敷で物を包んだり、懐紙でちょちょっと袋をつくって心づけを渡したり・・ 仰々しくやるとかっこ悪いので、出来る限りスマートに使いこなせればいいなぁと思います。

◆風呂敷
普段、洋服で生活している中で、誰かの家にお土産を持っていく場合、何に入れてどうやって持っていきますか?
大抵の場合は、紙袋に入れていくと思います。そして、その紙袋ごと渡すことが多いですよね。 もちろん、その紙袋も可愛いものなら嬉しいんですが・・・お店の名前がドーンと印刷されたものだったりすると どうしようかと悩んでしまいます。捨てるには勿体ないし、かといって使いたいほどのデザインでもないし・・・
いつか使うでしょ、とストックすることになるのですが、その「いつか」は、来ないんですよね〜〜

私も袋や包装紙を捨てられないタチなのでよくわかるんです。だから、誰かのお宅にお邪魔するときには 風呂敷でお土産を持参してみませんか?
風呂敷に包んでいって、中身だけさらりと渡す・・・ちょっとかっこいいではありませんか。

風呂敷の結び方には、真結びかたわな結びのふたつがあります。
真結びとは、普通のひもを結び方法と同じ。かなわな結びとは、蝶々結びの片方の輪を抜いた方法。

風呂敷の種類は大きく3つ。慶事用と、仏事用と、日常用
慶事用にふさわしい柄は、着物の柄と同じ。吉祥や鶴・亀、宝舟などのおめでたい柄。できれば、素材も正絹などの質の高いものが良さそうです。 大きさとしては2尺幅のもの(約75cm幅)が最適だそうです。
仏事用にふさわしい柄は、蓮花や雲水など。これも着物と同じですね。色の決まりはないそうですが、やはりグレーや紫などの落ち着いた色が良さそう。
日常使いのものには、特に決まりはありません。正絹ではなく、木綿素材のものも。化繊や木綿なら2.4幅(90cm)、3幅(105cm)の大きめサイズもあるので、持ち手を多くとりたい場合や、大きなものを包む場合に 便利ですね。

包み方は、簡単に2種類を紹介します。
冠婚葬祭の場面では、結び目をつくらない平包みの方法で。

  1. 風呂敷を広げ、最後に見せる柄が正面にくるよう上にしておく
  2. 包む物は中央よりも少し下におく。風呂敷の下からたたみ始める
  3. 左、右とたたむ。右の角が余る場合は、内側に折りこんで整える
    ※お祝いなら左→右の順番。仏事なら右→左の順番。
  4. 最後に、上部分をしわにならないように被せる

手提げにもできるお使い包みは日常的な包み方です。

  1. 風呂敷を広げ、包む物を中央におく
  2. 下をたたみ、角が余る場合は物の下に折りこんでしっかりと固定する
  3. 上をたたむ。角が余る場合は物の下に折りこんでおく
  4. 左右を持って結ぶ

覚えておきたいのが、風呂敷を広げる場所です。
まず、自分がお土産を持っていって、広げる場合。自分が座ったところの下座に置き、広げて中身を取り出します。 畳の上ではない場所だとちょっと困ってしまいますね。しかし、自分の持ってきた物を、相手よりも高い位置には上げない・置かない、という 基本を考えればいいと思います。

また、物を頂いて帰る場合。「場所をお借りします」などと一言伝えてから、風呂敷を取り出します。
ささっと包んだら、上座に置いて、帰るときに持っていきます。バッグにすぐにしまわないこと。この場合も、頂いた物を自分よりも下の位置に置かない、という 基本を考えればいいのではないか、と思います。
簡単に上座・下座を説明すると、床がある方向が上座です。入り口がある方向が下座。座る位置にも順位がありますので、そこから上座・下座を判断してもいいですね。
日常生活の中で、気の知れた友人宅へお土産を持っていくのに格式ばったやり方は、むしろ無粋ですよね。 一応のマナーを知っておいた上で、アレンジしたり場所に合わせたりできると、できるなっという感じがします。

◆まめちしき◆

風呂敷・・・江戸時代の初めに庶民が湯屋(銭湯)に行く際に衣類をつつみ、着替えるときには床の上に敷いた布。それが、現在の風呂敷のはじまりだそうです。 江戸時代、自宅にお風呂があるのは大名家などのお屋敷だけでしたから、庶民は銭湯にちょくちょく通っていたわけですね。→風呂敷を探す

◆懐紙
お茶席では欠かせない懐紙。お菓子の取り皿にしたり、お茶をぬぐった指を清めたり、料理の残りを包んだり・・・。 はっきりいって、お茶会で懐紙を持っていない場合、本気で困ります。というか、持っていないなんてありえないアイテム。 でも、それだけお茶席では必需品なのに、日常ではほとんど使う機会は無いんですよね・・・
いや、いつも懐紙を欠かさない私の先生は、やっぱり懐紙の使い方もスマートなんです。

たとえば、覚えておきたい事柄などをすらすら〜〜とボールペンを取り出して懐紙に。つまりはメモ帳の代わりです。 また、「少しだけお菓子が余ったので持って帰りなさいよ」と、懐紙にささっと包んでポンと私の手へ。
おお〜〜かっこいい・・・。
懐紙は、丈夫な和紙でできているし、大きさも使いやすい大きさ。お茶用の懐紙は防水加工をしてあるものも多いので さらに丈夫。
折り紙の要領で、いろいろなアイテムに活用できますよ。


箸袋のつくり方
わざわざ買って用意するまでもない少人数のお客様や、いつもとちょっと雰囲気を変えたいな、という場合に 箸袋を添えるとテーブルが華やぎますよね。少し柄の入っている懐紙なら、よりお洒落になるかもしれません。

  1. 長い辺を横にし、下から1/3あたりで折る
  2. さらに、残りの1/3を折る
  3. 端を1cmほど折る

ぽち袋のつくり方
ちょっとした金額を渡すとき、のし袋では大げさになってしまうことってありますよね。だからといって お金をハダカで渡すわけにはいかないし。そこでぽち袋をささっと折って・・
また、切手やボタンなどの小さいものを収納しておくのにも役立ちます。

  1. 短い辺を横にし、下から1/3あたりで折る
  2. 残りの1/3を折る。左端を少し空けておく
  3. 裏返して、上と下を1cmほど折る
  4. 上と下の折り返しを深くして差し込むと収納に向く

心づけのつくり方
ぽち袋よりももっと簡単な折り方です。しっかりと折りこむので、持ち運んでもばさばさしません。 いくつか作っておいて、バッグに入れておくのもおしゃれかも??

  1. 表を外にして、三角に折る
  2. 上部を折る
  3. 左右を折り、端を差し込む
おる

おる

価格:1,470円(税込、送料別)

今回の折り方は、この本を参考にしました。

他にもいろいろ・・・
■角をずらしながら折ってコースターに
■細く折ったものを千代結びにして箸おきに
■立体的な菓子皿に

◆まめちしき◆

懐紙・・・懐に入るようにたたんだ壇紙や奉書紙、半紙のことを指します。平安時代には既に使われていたというから驚きです。そのころは、宴の席で詠んだ詩や俳諧などを記すために使っていたそうで、和歌懐紙、という貴族が和歌を書いたものが残っているとか。→懐紙を探す

"和日時"とは
:サイトをつくったきっかけについて。茶道暦○年の運営者のプロフィール。
お茶事に関する雑記。お世話になっているサイトサマ紹介。
茶席のきものを選ぶ
:着物の前に、茶道の基本的考え方。
その上でのきものの選び方指南。買い方の順序など先輩目線アドバイス。
茶席のきものを学ぶ
:着物・帯、お茶席の基本的知識。季節ごとにふさわしい柄のお勉強。
"動く"ための着付けポイント。
茶席のきものを装う
:実際にお茶席で着た手持ち着物の組み合わせ紹介。
茶会にふさわしい髪型やメイクを研究中。
茶席を楽しむ
:お茶会、お茶席での基本的なマナーと作法を説明。
茶室への入り方やお菓子のいただき方など、初心者に役立つ知識。
特別企画
:着物関係で気になった事柄について調べたりトライする企画。
着物に関わらず『和』をテーマに様々に足をつっこんでみたい。


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system