"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■特別企画

着物の準備と片付け
 準備するもの
 衣紋抜きけ
 後始末
 しみ抜き

帯揚げ・帯締めを手作り
 用意するもの
 裁断図
 帯揚げの作り方
 帯締めの作り方

色あわせ・柄あわせ
 色あわせ
 柄あわせ

普段着キモノ

大人のたしなみ
 風呂敷
 懐紙

 

"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを学ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから









帯揚げ・帯締めを簡単に手作りすることができます。用意するのは、90cm幅の洋服地、一辺が75cm以上の風呂敷、または30cm幅の和布など。 1mのハギレで出来るので、かわいい布があったらぜひトライしてください。

画像のうすピンクのものは、私の手作りです!ちりめん風になっている化繊の布を使って作りました。ちりめん風のものは、作業のアラが目立ちにくいので 針仕事の苦手な方にオススメです。注意したいのは、しわになりにくく、薄い素材を選ぶこと。綿素材だとしわしわになるし、絹ものに比べるとどうしても厚くなるので不向き。 絹・化繊の薄いもの・麻の薄いものが向いていると思います。




・90×60cmの布・75×75cmの風呂敷・30×180cmの布
・縫い糸(布に合わせた素材で)
・綿ロープ180cm(帯締めに使用)
・ドミット芯3×180cm(帯締めに使用)

・アイロン
・くけ台(あると便利)
・かけはり(あると便利)


サイズ




1、用意した布を、図のように裁断する。

2、まず帯揚げから。25cm幅に裁断したら、AとD(AとEとD)を縫い合わせる。  1・中表に合わせ、縫い代2cmで縫う。
 2・片方の縫い代を1cmにカットし、もう一方を1cmで折る。
 3・折った縫い代の間にカットした縫い代をはさみこむ。
 4・縫い代を表地に縫い付ける。

3、布の裁ち目を始末する。
 方法がいくつかあるので、自分の好みで。
 ・ミシンで三つ折りにする。
 ・ミシンでジグザグ(ロック)をかける。
 ・化繊の場合、ろうそくなどの火であぶる。
※布が溶けて端処理になるが、  必ず余った布などで試すこと。こげて黒くなる場合も。私は高温にしたアイロンで端を少しずつ溶かしました。

4、帯揚げの出来上がり。

次は帯締め。ちょっと面倒な作業がありますが、根気強く!
1、用意した布を図のように裁断する。

2、BとC(B、F、C)を縫い合わせる。このときも強度を強くするため、
 帯揚げと同様に縫い合わせる。

3、5cm幅につなげたら、片方の端を1cm折る。

4、ロープにドミット芯を巻く。
 1・3p幅にカットしたドミット芯の端にロープを置き、ぐし縫いで縫い付ける。
 2・ドミット芯をロープに巻きつけ、ぐし縫いで縫い付ける。
 ※このとき、太さが均一になるように芯を巻くと出来上がりがきれい。

5、ふかふかになったロープを、布の折っていない端にぐし縫いで縫い付ける。
 ※ロープがねじればいように注意。このときも、太さが均一になるようにする。

6、ロープが長い場合、布端マイナス1cmの長さにカットする。

7、布をロープに巻きつけて、出来上がりの状態にし待ち針で止めておく。

8、端の始末をする。※腰紐の端っこと同じ状態になればOKです。
 1・布端から1cmを縫い代として内側に折りこむ。
 2・布端から5mm部分をぐるっと細かく縫い、ぎゅっと縮める。
 3・縮めた布端を内側に押し込み、花形に整える。

9、そのままの糸を使って、5mm程度すくながら縫いとじる。

10、片方の端も同様に処理する。出来上がり。

"和日時"とは
:サイトをつくったきっかけについて。茶道暦○年の運営者のプロフィール。
お茶事に関する雑記。お世話になっているサイトサマ紹介。
茶席のきものを選ぶ
:着物の前に、茶道の基本的考え方。
その上でのきものの選び方指南。買い方の順序など先輩目線アドバイス。
茶席のきものを学ぶ
:着物・帯、お茶席の基本的知識。季節ごとにふさわしい柄のお勉強。
"動く"ための着付けポイント。
茶席のきものを装う
:実際にお茶席で着た手持ち着物の組み合わせ紹介。
茶会にふさわしい髪型やメイクを研究中。
茶席を楽しむ
:お茶会、お茶席での基本的なマナーと作法を説明。
茶室への入り方やお菓子のいただき方など、初心者に役立つ知識。
特別企画
:着物関係で気になった事柄について調べたりトライする企画。
着物に関わらず『和』をテーマに様々に足をつっこんでみたい。


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system