"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを選ぶ

茶席でのきもの心得

歳時記に合った着物選び
 七事式
 折々の茶会
 儀礼的な茶会
 月例茶会
 お稽古の装い
 花見/初風炉の装い
 朝茶の装い
 月見の装い
 名残りの装い
 口切りの装い
 夜咄の装い
 初釜の装い
 季節なしの装い
 男性の装い

着物を揃えるには
 袷・江戸小紋
 袷・訪問着
 袷・色無地
 単衣/絽・色無地
 余裕の一着
 買い物計画
 着物の買い方



"和日時"とは

茶席のきものを学ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから









茶席で重要なのは亭主の心づくしのおもてなし。
茶席でのきものは、そのもてなしの邪魔をしないものを選ぶこと。

茶席のきもの選びは難しい!?

茶席に着ていくきものの種類には、訪問着・付け下げ・小紋・色無地といくつかあります。 どれを着用するかは、茶会の時期や会場などによって異なるのですが、重要なのは色と柄、そして素材です。

結婚式やパーティーで見かけるような、豪華な振袖や贅沢な訪問着、きらびやかな 帯は茶席には向かない、といわれています。 それは茶道の考え方に関係しているようです。

「茶はさびて心あつくもてなせよ・・・」
「さびて」というのは、物静かな趣がより洗練され、芸術性が高められること。

この「さび」の象徴的なものがお茶室。 茶室は、すべての無駄を思いきりよくはぶいた簡素な造りになっています。窓も、壁も、必要最小限の大きさと装飾しかありません。 また、茶室の入り口は「にじり口」といって、かなり小さな入り口になっています。しゃがんで頭を下げなければ、茶室に入ることができない。これは、 どのような人間であっても、頭を下げて入らなければならない。平等・公正という考えが含まれているそう・・・深い! お茶席には色無地、と言われたりするのですが、茶道には仏教の教えが入っているので、華美を避け、省略を重ねて、 無地に落ち着くということかもしれませんね。

茶席では、それぞれの役目によっても装いが異なります。
まず【亭主】(茶会を催す主人のこと)は、客をお招きする立場にあるので 改まった装いが必要になります。格の高い、紋付きの色留袖が多いようです。
この亭主を助けてお給仕をしたり水屋仕事をする【半東】は亭主よりもやや控えめにし、 亭主を立てるようにします。実際の茶席では、一つ紋の色無地が多いようです。
招かれる側には【正客】という、お茶席で最上の席につく人がいます。 茶事はいつも正客中心に行われ、正客はその場をとりしきる大切な役目をします。 正客は、亭主同様に改まった装いが必要です。色無地、または色留袖を装う方が多いようです。
正客の次にニ客、三客などの連客があります。【相客】あいきゃくと呼び、正客のお相伴をするので、 正客を立て、従うのがきまりです。したがって、正客よりも上の装いをすることは避け、 一歩下がった控えめな装いにします。色無地・訪問着や、江戸小紋など。 茶席に伺う場合は、先生や先輩に装いを相談するのが良いと思います。 若い年齢の場合は、地味な色よりも少し明るい色、華やかな色を着るように言われることが多いのですが、これは、先生方と色がかぶらないように、という意味もあります。 相客中の末客を【お詰】といい、正客を立てての働きが必要とされる役目なので、茶事に慣れた人がつとめます。 訪問着や江戸小紋、小紋が多いようです。

茶室は、通常の生活から考えるとかなり暗い空間になります。それゆえに、亭主が選んだ道具や手前が活きてくるのでしょうね。 やはり、その中で、着物が悪目立ちをしないよう気をつけていきたいなぁと思います。


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system