はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

和日時-wabiji

お茶事に装うきもののあれこれ

和日時とは

お茶事の際に装う【フォーマル・セミフォーマル】なきものについての情報サイトです。"はんなり"を目指して、お茶事のあれこれを綴っていきたいと思います。

【はんなり】・・・京ことば。落ち着いた華やかさを持つさま。上品に明るいさま。

はんなり

はんなり、という京都の言葉を聞いたときに、なんてやわらかい響きの言葉なんだろう・・・と感嘆したのを覚えています。

日常の美意識の中で、はんなりという意味を理解したり実感したりすることは難しいと思うのですが、 お茶事を始めてみて少しはわかってきたような気がします。

お茶事の世界の美しさは【わび・さび】の言葉に代表されるように、
できるだけ派手派手しくないこと、仰々しくないことが 大事にされていると感じます。
その空間の中で動く人の美しさを表現するのに適しているのが【はんなり】という言葉であると思うのです。

サイト製作のきっかけ

アンティーク着物の柄行がものすごく可愛くて、
「着物ってなんてかわいいんだろう!着物を着る機会をつくるには、お茶を習うしかない!」という方向から 茶道(裏千家)の門をたたいた私。

習い始めた頃、先生との会話の中で「着物って、お茶事って、知らないといけないことがたくさんあるんだな・・・」と実感しました。

アンティーク着物のような可愛い柄、粋な柄はふさわしくないらしい・・・と知ったのもこの頃。

その後、お茶席など、着物を着る機会には先生からお借りし、その度に選ぶべき着物や、選んではいけない着物について少しずつ 教えていただきました。それでも先生に聞いてばかりでは申し訳ないので、自分で地道に調べよう!と思い立ち、このサイトを始めることにしました。

きっと私のように
・お茶事をやっているけど着物選びに困っている
・お茶事を始めたいけど知らないことばかり
という人がいるはずだ!と、 調べた情報や、先生から聞いた話、またお茶事を始める方の手助けになるようなことを綴っていきたいと思っています。

サイトタイトルの"和日時"とは

サイトタイトルをずっと考えていたのですが、いいものが思いつかず、当初は「はんなり」を使った説明的なものに しようとしていました。

ある日、車を運転中にラジオのフランス語会話を聞いていて[ピピン!]と思いついたのが 和美人、という単語。おそらく、 フランス語会話→フランスで日本語が流行中(禅-ZEN とか)→日本的な単語でも響きがフランス語っぽいもの→和+ジュ・ジなどの音→→ という連想ゲームが働いたものと思われます。

和美人ではそのままなので、ん、をとってwabiji。漢字は当て字です。 『和やかな時間、和やかな一日を過ごす』という意味を含めて、漢字を選びました。

管理者

このサイトは、bijiが管理しております。

天然石やアンティークビーズとゴールドフィルド素材を合わせたアクセサリーをwebで販売したり、という生活をしています。

華奢で小さなアクセサリーを探している方はどうぞコチラへ→Sobre-天然石とゴールドフィルドのアクセサリ→終了しました

簡単で効果の出る化粧品、エクササイズを紹介しています→ソブルビューティー ナマケモノでも継続できる美容術→終了しました

→2006年8月現在、洋裁学校に通学中。和裁も習い始めました。
清水の次郎長でおなじみ、静岡県在住です。

好きな着物スタイル・・・お茶では「はんなり・しっとり」のぼかし系がふさわしいとは思っていますが、本当は、竹久夢二風スタイルが好きです。 大正ロマン風なのでしょうか?髪をコームでなでつけたウェーブにまとめていたりすると、かなりテンションが上がります。全然、お茶とは雰囲気が違うので、 「お茶系きもの」と「趣味きもの」を別に揃えなくてはいかんのか?と葛藤中。
その他好きなもの・・・時代劇。再放送をかかさず。(風車の弥七ラブ)NHK・NHK教育もやっぱり好き。アルゴリズム体操を一人でやってみたりしています。
漫画だったら内田春菊・いがらしみきお(ぼのぼの)など。最近のヒットは「きょうの猫村さん」。『家政婦は見た!』シリーズのファンとしては欠かせませんネ。
車の運転をしているときはラジオを聞きます。カセット(古・・)を聞くやつが壊れてしまったので、音源はラジオのみとなっております。ラジオでももっぱら NHK。なぜか他の番組は入りにくいの。外国語講座などを聞いています。ロシア語とか。
リサイクルショップで銘仙??のような柄のかわいい袷の着物と羽織を購入したため、きもの熱がしばし復活。 ただ、お茶用のきものじゃないんですけどね^^;

→2007年7月現在、『和紙工房』にてシュギョーを始めました。渋い!
「和紙」を使っての工芸品を製作している会社です。和紙といってもいろいろな種類があって、原料も違うし手触りも違うし厚みも違う。 日々、社長から手厳しい指南を受けつつ切磋琢磨しております。

近々、サイト上で小物の販売を予定しています。→7月23日販売を開始しました!和紙工房ページはコチラから→終了しました。

→2008年夏に東京へ引越しました。⇒お稽古は休止となりましたが、先生がご亭主となるお茶席にはお手伝いとして参加しました。
→2009年冬からジュエリー学校に通い始めました。
→2010年7月現在、ジュエリーの勉強をしつつ、サイトを作りつつ・・・という生活をしています。
→2012年に結婚、2014年に北海道へ引っ越しました。
子育てに終われる毎日ですが、アニメのキャラを描く練習のブログを始めました(^▽^;)⇒『プリキュアを覚えたいアラフォー母』
どうにも、わたしはサイトやブログなどをつくるのが好きなようで、振り返ってみると、いろんなジャンルで立ち上げてみては辞めて、また新規で立ち上げて、辞めて・・・と繰り返してますね・・・

当サイト参考文献

「[しきたりと装い]茶会のきもの」婦人画報社
「茶席のきものとマナー」三田村 環著 世界文化社
「一人で着るデイリー着物ー基本の着付けと帯結び」 日本放送出版協会
「平成着物図鑑」君野 倫子著 河出書房新社
「七緒」七緒編集部著 プレジデント社
「きもの手帖 アンティーク着物を自分らしく着こなす」fussa著 雄鶏社
「着物の織りと染めがわかる事典」滝沢 静江著 日本実業出版社
「宇野千代きもの手帖ーお洒落しゃれても」宇野 千代著 二見書房
「きもの文様図鑑」長崎 巌監修 弓岡 勝美編 平凡社
「小紋文様」高田 啓史著 グラフィック社
「[お茶のおけいこ12]茶席のきもの入門」世界文化社

inserted by FC2 system