"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月sise3.png(148 byte)12月
 1月  2月
 3月  4月
 今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節
 きもの地
 染めのきもの
 色無地
 訪問着
 付け下げ
 江戸小紋
 小紋
 帯の種類
 帯地
 着物と帯
 帯揚げ
 帯締め
 足袋
 草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢
 裾回し
 ぼかし

雨の日の装い
 雨コート
 
 草履

着付けのポイント
 下着
 着物
 着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様
 季節なしの文様
 幾何学の文様
 覚えたい文様





"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから







きものには、様々な文様があります。現代には残っていない古典的な風習を元にしたものや、中国の伝説から文様化されたもの、 古今和歌集の歌に詠まれた情景のものなど。一目では「桜だ」「椿だ」とはっきりわからない文様も調べてみるといろいろな由来があって 楽しいものです。多種多様なきものの文様を知ることによって、きものライフがより充実したものになることは間違いありません!



[吉祥文様--植物] [吉祥文様--動物] [吉祥文様--風物]
吉祥文様とは、おめでたいことを表す文様。中国から伝わったものと、日本で吉祥の意味を持つようになったものの2種類があります。 季節性がないので通年着用できます。

◆吉祥文様--植物

【四君子文】
梅・菊・蘭・竹の4種を組み合わせたもの。梅は寒なれど秀、春来るを率先して告げる。菊は身を軽くし気を益し、人の寿を延ばす。 蘭は「善人は蘭の如し」王者の香あり。竹は虚ろなるに因りて益を受く。もともとは文様ではなく、水墨画のテーマにされていたもの。
【松竹梅文】
松竹梅はおめでたい組合せの吉祥文様の代表。 常磐の松・齢の松と称される「松」、「竹」は節繰高く廉潔、「梅」は精香にして文雅と見られ、歳寒の三友とされる。 婚礼衣装や嫁入り道具に文様として使われることが多い。
【薬玉文】
室内の不浄を払い邪気を避けるために吊るすのが薬玉。麝香や沈香を玉にして錦の袋に入れ、菖蒲や蓮の葉、またはその造花を飾りつけて 五色の糸を長く垂らしたものをいう。後に、様々な花を飾りつけしたものも薬玉というようになった。女児の七五三の祝い着の文様としてよく用いられる。
【橘文】
橘は、理想郷である常世国からもたらされる果実(みかんの一種)であり、長寿を招き元気な子供を授かるといわれている。もともとは、「柑子」「蜜柑」の古名。 女性のお守りとなる木とされていて桃の節句の際にも橘の木を飾るのはそのためである。長寿、子孫繁栄の象徴として、婚礼衣装から礼装用の文様に多く用いられる。
【南天文】
冬に果実をつけるめでたい花木として正月の床にも飾られる南天。咳止め薬、樹皮や根は胃薬として使われ、毒を消す力があるとされているため、重箱の赤飯の上には 葉を添える習わしがある。「難を転ずる→ナンテン」だから吉祥であるという説もある。
【桃文】
中国伝説に由来する吉祥文様。桃は邪気を払う力を持つ霊木とされ、桃の木で作った弓や、桃の枝で悪霊悪鬼を祓う風習があった。日本にもその風習が伝わり、 同じく鬼祓いに桃弓や桃枝が用いられた。西王母伝説といって、崑崙山中に棲む仙女・西王母が、3千年に一度だけ実が成るという桃の木を持っており、その実を食べると不老不死になれるという桃の実を 漢の武帝に贈った、という伝説がある。桃のお菓子を西王母と銘にする由来である。
【牡丹文】
外国から伝わった花のため、洋花扱いとなる。 菩薩が行った誓願の曼荼羅の周囲に牡丹柄が使用されていたためか、幸福、富貴などを意味する。 その意味から花の王者とも呼ばれる。
【葵文】
徳川家の紋として有名な葵の葉模様。京都・賀茂神社の神紋で、この神社との縁で徳川家の紋となった。江戸時代には徳川一族以外は 葵紋および葵の文様の使用は禁止された。茎が長く伸びて葉をつけることから発展する、という意味をもち縁起のいい文様である。
【桐文】
帝王を象徴する鳳凰が桐の木に棲むとされているため、桐は高貴なものとされた。桐の紋章は、本来は皇室専用のものであったが、 足利尊氏に下賜され、豊臣秀吉に与えられ、さらに家臣達に与えなどしたため一般的な家紋として広がったとされる。5月、6月に紫の花を咲かせるが、 吉祥として季節に関わりなく用いられている。
ページの上へ

◆吉祥文様--動物

【鶴亀文】
鶴は千年、亀は万年といういうように、長寿延命の象徴である鶴と亀。願い事の呪文に「ツルカメツルカメ」と江戸庶民が唱えたように、祝い着、婚礼衣装などから 生活用具にまで幅広く文様として用いた。亀の尾が藻のように伸びたものは「蓑亀」といって、長寿をさらに強調した形。
【松竹梅鶴亀文】
吉祥文を数種組み合わせtめでたさを高めている。松竹梅と、鶴亀というめでたい柄を組み合わせることで、最上級の吉祥を表現しようとした。 婚礼衣装に多く用いられている。
【鶴文】
立ち姿、舞う姿も優雅で気品のある鶴は、古来から愛されてきた鳥。基本的に、吉祥・瑞祥を表す瑞鳥として扱われる。 群で飛ぶ姿を表した舞い鶴の文様の場合は、口を閉じたものと開いたものが混ざっているのが定番。
【亀文】
鶴は千年、亀は万年というように、亀は長寿の象徴。中国では東西南北のうち北を神獣・玄武が守ると考えられてきたが、玄武とは亀に 蛇が巻きついたもの。鶴亀の組み合わせで使用されることが多いが、亀単独でも吉祥性があり、特に長寿繁栄を意味する。
【松喰い鶴文】
西洋には、鳩などの鳥やオリーブの小枝やリボン、真珠などをくわえているなどの文様があるが、生命復活の意味をもっていた。やがて中国に伝わり、鳥が次第に変化。 平安時代後期、文化の和風化とともになじみのある鶴が多様されるようになり、若松をくわえて飛ぶ姿に定着した。藤原文化の代表的文様として人気となり、近代でも 婚礼衣装など様々な分野で用いられている。
【鶴丸文】
一羽が羽を広げて丸を構成しているものや、二羽が向かい合って丸を構成しているものがある。2羽のものは向かい鶴とも呼ばれる。 花嫁衣裳に多く用いられるように吉祥文様。
【龍鳳凰文】
龍は万能の力を持つものとして天子、皇帝を象徴し、鳳凰は皇后を象徴する。龍と鳳凰という、吉祥文様を組み合わせて最上の瑞祥を表す。
【龍文】
「三停九似」といわれ、首から肩、肩から腰、腰から尾までの長さが同一、そして9種の動物部分に似ているとされる。 天上界に属する神獣とされ、天子の服に使用される文様となった。中国では爪の数など細かい決まりがあるが、日本ではあまり決まりはない。 翼を持った龍は「応龍」という。龍は5百年で角を持ち、5千年で翼を持つとされる。
【鳳凰文】
不死鳥、フェニックス、火の鳥。有徳の天子の下、天下治まれば表れる瑞鳥とされる。鶏や孔雀、獣を合体させた架空の鳥で、優美な姿が吉祥性を高めている。 不老不死を与え病気を治すといわれている。
【桐竹鳳凰文】
桐・竹・鳳凰を組み合わせた文様。皇室の調度品に使われるほど吉祥文様として格が高い。鳳凰は、中国の伝説上の鳥で 聖帝が世に現れた際お祝いに姿を見せるといわれている。桐の木に住み、竹の実を食べるとされている。
【鯉の滝昇り文】
急流を昇って鯉が龍になる、という中国伝説から吉祥の文様とされる。出世、前途を祝う祝賀の意味がある。
【鯛文】
神道では、鯛は神に供物とされ一般でも祝い事に飾るように、吉祥の意味をもつ。 特に二尾の鯛を組み合わせた形は祝鯛といって、文様化されている。
【蝶文】
向かい蝶や花と蝶など、蝶の模様は数多くある。脱皮をして、美しい蝶として舞い上がるところから出世につながり、縁起がよいということで武家に 好まれた。しかし、次々に飛び回り、花から花へ寄る辺の定まらぬものとの見方もあるため、婚礼の場には注意。
【獅子文】
中国から伝わった獅子(ライオン)は、日本にはいない動物のため唐獅子という想像上の獣が出来上がった。 勇壮と厄除けのシンボルとされ、お正月には獅子舞を行う。大きな目、裂けた口、渦状の巻き毛が特徴。中でも、獅子の巻き毛はそれのみでも唐獅子を 意味する。元来は太陽を象徴した形であったが、太陽の力を宿すのが獅子であるとされ使われるようになった。
【雉文】
雉(きじ)は、国鳥。母性愛があり、繁殖力が強いため子孫繁栄の吉祥鳥とされている。格調高い吉祥文様。
【孔雀文】
中国では瑞鳥とされている。日本に伝わったのは奈良時代だが、きものの文様として広まったのは江戸時代。
【鴛鴦文】
姿美しく、羽色も見事な水鳥。「鴛鴦の契」というように雌雄が仲睦まじく、夫婦和合の印とされる。 婚礼の場の留袖や振袖によく用いられる。
【尾長鳥文】
特定の種類の鳥を指すものではなく、尾の長い、姿の美しい鳥の意味としてこの名前がある。同名のオナガや尾長鶏ではない。鳳凰に代わるものとして、鳥一般を理想化、抽象化して できた文様。華やかなその装飾性で吉祥を意図している。
ページの上へ

◆吉祥文様--風物

【熨斗文】
鮑の肉を薄く長くはいだものを熨斗、といい、儀式の酒肴に用いた。のちに祝事の進物、飾りとし、熨斗鮑と呼ばれた。 現代ではこれを簡略化した包み熨斗、印刷された熨斗袋などを用いている。おめでたい席で使うもののため、吉祥文とされる。
【花熨斗文】
花束や花の枝を和紙で包んだ形。宮中では、7月7日の乞巧奠に折りたたんだ和紙で草花を包み、天皇皇后に献上する習しがあり、その形が衣装の文様としても 取り入れられるようになった。
【束ね熨斗文】
熨斗は、もともと鮑の肉をのして(引き伸ばして)祝儀用の引き出物などに用いたもの。これを細長く帯状に図案化したものが熨斗文で、 何本かを束ねたものが束ね熨斗文となる。おめでたい柄で吉祥文様。
【宝尽くし】
中国にも宝尽くし文があるが、数に縁起を込めているので時代によって7、8、9と異なるが、七宝、暗八仙、八宝などの考えがある。 七宝とは、金銀以下7つの玉、暗八仙は八仙人の持ち物、八宝は仏教で吉祥とされる法具や荘厳具のこと。 雑八宝として珊瑚、丁子、方勝、七宝、角杯、火焔宝珠、厭勝銭、銀錠が後に取り上げられている。 時代、地域、階層によって内容がかなり異なる。うちでの小槌、七宝、宝珠、巾着などはよく見られる柄。 金銭的な面だけでなく 子宝、人脈といったすべての宝に通じるとされる。
【桧扇文】
ヒノキの薄板を糸でつないで扇状にし、男子用は文様なし、女子用には胡粉や金銀で華麗な文様が描かれたもの。 形が優美なこと、扇面の絵の美しさから王朝趣味の文様として用いられている。末広がりという吉祥性があるため季節は問わない。
【扇面文】
扇は放射状に広がる形から、末広がりの縁起ものとされる。家門繁栄や事業発展を願うとされる柄。 団扇は季節性が高い柄だが、扇は儀式に用いられることから季節性は低い。同じ形が一面に散らしてあるものは扇散らし、開いたもの・閉じたもの様々を散らしたものは 扇尽くし、流水と組み合わせたものは扇流しと呼ぶ。
【貝合わせ文】
対になるものはひとつで、ふたつと合うものがないという事から 夫婦の契りを表すようになった。夫婦・家庭円満の意味を持つ。平安時代には各種二枚貝の面白さを文様にしたものが多かったが、鎌倉時代にはふっくらとした蛤に定着した。 貝合わせ用の貝を入れておくのが貝桶で、共に描かれることがある。
【几帳文】
二本の柱に横木を渡して帳をたらして部屋の仕切りとし、目隠しとしたもの。源氏物語などの物語絵に配されたり 草花と組み合わせて優雅な動きを持たせる。王朝を連想させるので吉祥文とされている。
【鏡文】
平安貴族の暮らしに欠かせない几帳や御簾、鏡や手箱などは、それぞれに贅を尽くしたものであったが、江戸時代になってから これら王朝時代に関する器物が吉祥の意味を持つようになった。鏡裏にはひもがつけられ、豪華な装飾がされているのが特徴。
【雲取り文】
雲の抜き取りの中に花や蝶、鳥などの柄を入れる。雲は天空を表し、そこにいる神さまが いつも守ってくれるという意味がある。
【寿文】
寿の漢字を、いろいろな書体で図案化したもの。字体も配置もいろいろある。 寿という字には「老いるまでの長い年月」の意味があり、最上の喜ばしい字。 あらゆる字体を用いて「寿」を百字並べたものを「百寿字」と呼び、限りなくめでたいものとされる。 おめでたい場に用いる吉祥文様で長命や祝い事を表す。

■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節  きもの地  染めのきもの  色無地  訪問着  付け下げ  江戸小紋  小紋  帯の種類  帯地  着物と帯  帯揚げ  帯締め  足袋  草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢  裾回し  ぼかし

雨の日の装い
 雨コート    草履

着付けのポイント
 下着  着物  着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様  季節なしの文様  幾何学の文様  覚えたい文様


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system