"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月sise3.png(148 byte)12月
 1月  2月
 3月  4月
 今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節
 きもの地
 染めのきもの
 色無地
 訪問着
 付け下げ
 江戸小紋
 小紋
 帯の種類
 帯地
 着物と帯
 帯揚げ
 帯締め
 足袋
 草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢
 裾回し
 ぼかし

雨の日の装い
 雨コート
 
 草履

着付けのポイント
 下着
 着物
 着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様
 季節なしの文様
 幾何学の文様
 覚えたい文様





"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから










[花] [風物] [梅] [桜] [菊] [松] [誰が袖]
吉祥文様や、季節なしの文様について調べているうちに、「この柄はこういう特別な名前があったんだ」「この名称の由来はこんなことだったんだ」という発見がたくさんありました。
装う季節は限られていますが、着物を見たときに○○文様だな、とわかるのはちょっとした通の気分です。
知識が増えると、いままでなんとなく見ていた着物の柄が新鮮に見えてきます。
※季節なしの文様や吉祥性のある文様も含んでいます。

◆覚えたい文様--花

【花丸文】
花の丸ともいい、各種の草花を円形に図案化したもの。写実的なもの、図案化が進んだもの、2,3種の草花を組み合わせたものなど 多種多様。能装束や小袖から現代のきもの・帯にいたるまで用いられており、古典的趣を持つ文様。季節は、使われている草花によって決まる。吉祥のものなら季節は問わない。
【花筏文】
本来は、桜が水面に散って寄り集まり、それ自体が筏状になっている様子を「花筏」と表現したもの。文様としては筏に桜や折り枝を配したものが多いが、 本来の桜以外の花を用いたものもある。季節は、使われている花によるが、その花の散る少し前の、限られたときに装うのが最適。
【花束文】
水引、または色糸で結んだだけの図柄を花束文と呼ぶ。花熨斗文に比べるとやや現代的。季節は、使われている草花によるが、四季のものが揃っている場合は 時季を限定しない。
【花籠文】
竹で編んだ籠に花を摘みいれたり、盛り込んだりした図柄。単に花の美しさを表現したものではなく、中国から伝わる謂れから。 八仙人のひとり・韓湘子は、破衣をまといながら美しい花籠を持ち歩いていたが、ある日、鶴に乗って天空に飛び去ったという。この伝説から、花籠は美しい仙女を象徴するものとされている。
【花車文】
江戸時代に入ってから盛んになった文様。室町時代に華道が誕生、やがて貴族や武家の間で花を飾ることが風習になった。御所車の屋形の代わりに花をさしたもので、車の上に花籠を乗せたもの、源氏車に花をあしらったものなど様々。華やかな王朝趣味の意匠として、礼装用の着物によく見られる。 季節は、使われている草花によるが、百花になっているものは季節を問わない。
ページの上へ

◆覚えたい文様--風物

【露芝文】
地面に重なり茂る芝草に宿る露を玉状に添えて表現したもの。芝は細く三日月形のするのが定番。 はかない趣きがあるので、秋の文様とされている。地紋として使われている場合には季節は問わない。
【雪芝紋】
芝草にうっすらと雪がかぶった様子を表現しているので、葉の上にふくらみをもたせている。 冬の文様として限定はされない。取り合わせの草花や柄にもよるが、華やかなもので半弧の中を埋めたものは吉祥の趣きとなり季節を問わない。
【雪輪文】
円形を削り、くぼみをつけたもの。この雪輪の中に季節の花などを組み込んで柄にする場合も多くある。江戸初期に様式化され、現代では凹凸を極端に強調した図案となった。季節は問わない。 これとは別に、雪の結晶を図案化した雪華文がある。
【雪華文】
雪輪文とは別に、雪の結晶を図案化したもの。江戸後期に発刊された「雪華図説」から文様化された。 冬はもちろん、夏ものにも使用され涼しさを表現する。
【吹き寄せ文】
秋に散った銀杏や松葉が、木枯らしに舞ってひとところに吹き寄せられた様子を図案化したもの。 秋の風情の漂う柄。
【福良雀】
冬の寒さに羽毛をふくらませている雀の姿を意匠化したもの。ふくらむ=福良むと当て字して縁起のよいものだとされる。 丸く表した胴体、両側にのばした翼、扇状に張った尾羽を単純化した形が定番。図案化の進んだものは季節を問わないが、ふくら雀としては冬。
【千鳥文】
文様でいう千鳥は鳥の種類をさすのではなく、水辺に住んで群で飛ぶチドリ科の鳥の総称。 定番の意匠化されたものや、写実的なものもある。究極に単純化されたものは千鳥格子。水と組み合わせた柄が多いので、夏ものが多い。
【春日山文】
なだらかな山に鹿、月に秋草や紅葉を配したもの。古今和歌集に収められている「山里は秋こそことにわびしけれ鹿の鳴くねに目をさましつつ」の歌を 下敷きにしている。春日山は、奈良・春日大社の背景となる山で、若草山。高円山と並んで三笠山とされる。
【八橋文】
在原業平が「かきつばた」の5文字を句の上において詠んだ三河の国・八橋は、河の水が蜘蛛手のように広がっているので橋を八つ架けてあり、杜若の名所。それにちなんで 板橋と杜若の組み合わせを八橋という。季節は初夏。杜若の開花は梅雨時期と重なるため、5月・6月に着用したい。
【龍田川文】
奈良県を流れる龍田川の斑鳩地方の川辺は紅葉の名所。古今和歌集にも龍田川の紅葉を詠んだ歌が数多くある。 この詩歌を背景にした文芸意匠。龍田川という文字や、龍田川を詠んだ短冊など、様々なものがある。紅葉と流水だけでも龍田川とするものも。紅葉の美しい季節に。
ページの上へ

◆覚えたい文様--梅

【枝梅】
梅の花を写実的に、あるいは図案化して枝と組み合わせた表現。
【光琳梅】
尾形光琳画にある印象的な部分を文様化したものを光琳文様とよぶ。丸みをもった線や面で描かれるのが特徴。
【ねじ梅】
花弁をひねってねじった形にした文様。5枚の花弁が主だが、5枚以上の八重を図案化したものもある。
【槍梅】
梅の新枝が天に向かって雄々しくのびた様を槍に見立てた。立ち梅ともいう。写実的なものや、大胆に意匠化しまっすぐに立てて並べたものがある。
【梅鉢】
まわりに5つの丸を配したもの。中心が小さな丸になったものは星梅鉢、剣状のしべになったものは剣梅鉢、他いろいろな種類がある。
【梅寄せ】
花やつぼみを写実的、または意匠化して寄せたもの。半衿などに多く使用される。
ページの上へ

◆覚えたい文様--桜

【枝桜】
枝橘、枝梅のように枝についた様子を表す。枝に咲く、または枝を折った様。
【八重桜】
通常の桜の花弁は5枚だが、それ以上のものは八重桜と呼ぶ。
【枝垂桜】
たおやかな枝が下に垂れ下がる枝垂桜を描いたもの。能装束や小袖にも見られる。 写実的なもの、意匠化され一筋の枝に花を配しただけのものもある。
【小桜】
小さな桜の花部分を一面に散らした文様。小紋型染めによく見られる。遠目から見て無地に見える小さな柄の江戸小紋は季節を問わない。
ページの上へ

◆覚えたい文様--菊

【菊尽し】
菊は、一重・八重・厚物・管物などがあり、それらがさらに大菊・中菊・小菊となる。 たくさんの菊の花だけを集めたものは菊尽しと呼ぶ。
【光琳菊】
尾形光琳の画風を図案化した光琳文様のひとつ。菊の細かな花弁はいっさい省略されているのが特徴。
【裏菊】
菊を裏側から見た表現。
【乱菊】
管菊の花弁が乱れたように描かれている。花弁は太く華やかなものが多い。
【糸菊】
管菊の花弁が糸のように細いもの。乱菊とは違って、花弁は細く描かれている。
ページの上へ

◆覚えたい文様--松

【老松】
年月を経て大木となった姿を図案化したもの。枝ぶりもみごとで幹は苔むしたように表現される。
【三階松】
同じ大きさと形の松の枝葉を3層に重ねたもの、または左右にずらして重ねたものを特にこう呼ぶ。
【光琳松】
尾形光琳の画風を図案化した光琳文様のひとつ。松の枝葉は単純化されている。
【松が枝】
松の枝を図案化したもの。五葉松の特徴である、横に張り出した枝の姿で、格調高い柄。
【花形松】
松の葉を意匠化し、ひとつひとつを花のように描いたもの。
ページの上へ

◆覚えたい文様--誰が袖

【誰が袖】
古今和歌集の「色よりも香こそあわれとおもほゆれ たが袖ふれしやどの梅ぞも」の歌から 匂い袋の形が袖の形となった。この匂い袋を誰が袖という。2つの袖形を紐でつなげ、懐から両袖に落として香りを楽しむ。季節性はない。
【誰が袖屏風】
華麗な小袖を衣桁にかけた図を描いた屏風が作られ、誰が袖屏風と呼ぶ。小袖を実物のように華麗に 表現しているものが多い。
【小袖幕】
江戸・元禄時代の裕福な町人たちは、花見の際に着るだけでなく衣装自慢のために幕の代わりに小袖をかけるようになった。 その様子を文様としたもの。花見の席を描いているので主に桜が多いが、もみじも配して春秋にしてあるものが多い。

■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節  きもの地  染めのきもの  色無地  訪問着  付け下げ  江戸小紋  小紋  帯の種類  帯地  着物と帯  帯揚げ  帯締め  足袋  草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢  裾回し  ぼかし

雨の日の装い
 雨コート    草履

着付けのポイント
 下着  着物  着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様  季節なしの文様  幾何学の文様  覚えたい文様


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system