"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月sise3.png(148 byte)12月
 1月  2月
 3月  4月
 今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節
 きもの地
 染めのきもの
 色無地
 訪問着
 付け下げ
 江戸小紋
 小紋
 帯の種類
 帯地
 着物と帯
 帯揚げ
 帯締め
 足袋
 草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢
 裾回し
 ぼかし

雨の日の装い
 雨コート
 
 草履

着付けのポイント
 下着
 着物
 着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様
 季節なしの文様
 幾何学の文様
 覚えたい文様





"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから









[直線・曲線] [円] [四角・三角] [菱文] [亀甲文] [絣文]
直線や曲線で表現された幾何学の文様。菊や梅でも図案化の進んだものは季節なしとなりますが、幾何学はその究極のかたち。 季節の草花や事象と組み合わせることが多くあります。着物・帯ともに揃えてしまうとモダンになりすぎてしまうので、 着物か帯か、どちらかにした方が良いと思います。

◆直線・曲線

【卍繋ぎ文】
梵語の卍をくずしてつなげた形。桃山時代に中国から輸入した紗綾という絹織物の地紋だったことから 紗綾形tもよぶ。「不断長久」を意味する吉祥文。
【網代文】
竹や葦、檜皮を薄く削ったものを交差させて組んだものが網代。衝立や天井などの建築に用いられてきた。 この網代を文様化したもの。
【桧垣文】
網代の中でも檜皮で組んだものは桧垣と呼ばれる。網代と同じ文様とされているが、 網代よりも幅が広めにされている場合が多い。
【手綱文】
斜めの棒線を等間隔に配したもの。馬の轡につける手綱は2色の布を織り込んだものだがそこから名づけられた。
【籠目文】
編んだ竹籠の編み目を文様化したもの。実際の竹籠を模した写実的なものから さらに単純化させたものまで様々。
【麻の葉】
正六角形を基本とした直線で構成される文様。麻の葉の形を連想させるためにこの名前がある。歌舞伎で 町娘に着せて大流行したことから若い娘の代表柄となった。麻はまっすぐにすくすくと伸びることから、産着の柄としても使われた。
【分銅繋ぎ】
同じカーブの曲線を違う方向に向けてできる分銅形をつないだ連続文。分銅とは秤の重しのことで、鉄か真鍮で作られているもの。 円形の左右を弧形にえぐりくびれさせた形をしている。
【網目】
曲線を交差させつないだ文様。漁に使用する網に似ている。
【立涌】
有職文のひとつ。立ち上る煙を文様化したものとされている。縦の曲線をシンメトリーに配したもので縞ものと 考える場合もある。
【縞】
室町時代に縦縞の織物が伝わったとされ、名物裂の中にある「間道」がそれである。 桃山から江戸時代初期には貿易によって木綿の縞織物がもたらされ、唐からきたということで唐桟といって喜ばれた。 江戸時代中期には地産業として奨励する藩も多くなり、各地に特徴のある縞ものがある。
【格子】
格子も縞の一種。黄八丈が有名。
ページの上へ

◆円

【丸文】
円文とも呼ぶ。丸の中に文様を納めたもの。様々な文様が組み合わせられるが、整然とした印象となり、能装束にも見られる意匠。
【丸繋ぎ】
丸を連続させたもの。
【水玉】
同じ大きさの円を並べたもの、自在に散らしたもの、大小の円からなるものと様々。 水玉に見えれば、水玉文と呼ぶことになっている。
【輪違い】
輪を2つ以上組み合わせたもので輪をくぐる上下が表現されている。平安時代から見られる文様で、紋章にも二つ輪違い、四つ輪違いなどと展開されている。 オリンピックマークも輪違い文といえる。
【輪重ね】
輪違いは輪をくぐらせているのが特徴だが、それがはっきりせず単に重ねておいたものは別に輪重ねという。 輪の大小など、重ね方もいろいろ。
【渦】
水や流水の表現に用いられることが多い渦だが、もとは円からの展開。
【蛇の目】
太い輪を重ねたもの。蛇の目を表現したとされている。鎌倉時代からある文様で、旗指物につけ必勝のまじないとした。
ページの上へ

◆四角・三角

【石畳文】
色違いの正四角形を交互に敷き詰めたもの。敷石からの連想。 江戸時代の歌舞伎役者であった佐野川市松が好んで使用したことから市松とも呼ばれる。
【色紙文】
正四角形を並べたものを色紙や切り箔に見立てたもの。ずらして重ねた形が多い。 絵や歌がかかれた紙面の面白さのあるものも色紙文と呼ぶ。
【鱗文】
連続した三角のものをさす。鎌倉時代に鱗という名前がついたとされる。呪い、魔よけの力を 持つとされ、武具や戦陣の衣装に使用した。
ページの上へ

◆菱文

【松皮菱】
松の幹の皮を剥がした形に似ているということからこの名がついた。平安時代後期には すでに用いられていた。複数を繋いだものは松皮菱繋ぎという。
【業平菱】
平安時代の在原業平とは特に関係はない。一本の襷から、二重、三重のものもある。
【武田菱】
武田の紋としられる形。
【入子菱】
菱の中にさらに菱を重ねて、入れ子のようにした形。
【花菱】
菱形に模して四弁の花形を文様化したもの。特定の花ではないので季節は問わない。
【菊菱】
花菱のひとつ。菊の花を菱形に文様化したもの。
【蔓花菱】
基本の四弁花菱に蔓を添えたもの。紋章としても様々なものがある。
ページの上へ

◆亀甲文

【亀甲】
亀の甲羅の形を文様化したもの。長寿の象徴として吉祥文様。亀の代わりに鶴と組み合わせて鶴亀文とする ことも多い。単独ではなく連続した意匠が特徴。
【子持ち亀甲】
亀甲の中にさらに亀甲を重ねたものを子持ちと呼ぶ。亀甲の中に花菱や十字など他の文様を入れることが多い。
【毘沙門亀甲】
亀甲を山形状に3つ組み合わせたもの。毘沙門天の甲冑の文様から生じた。
ページの上へ

◆絣文

【十字絣】
織りならではの文様。先染めの糸を織っていくが、文様の部分はすこしずれてかすれ、独特のものになった。 江戸時代の中期以降に広がった。土地産出の素材を用いて織られることが多いため、糸、染料、柄が各地によって違う。 十字絣は最も簡潔な形。細かく密になったものは蚊絣といい、一幅に何百が織り出されているかを競うという。
【井桁絣】
井戸の縁の木枠を井桁というが、その形を表現した。単線、あるいは複線で織り出される。
【模様絣】
縦、横に縞を網代状に織り出したもの。
【矢絣】
昭和初期には女学生の通学服とされていた。紫色が定番。
【絵絣】
幾何学の文様ではなく、絵文様を織り出しているのは絵絣といって区別する。

■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節  きもの地  染めのきもの  色無地  訪問着  付け下げ  江戸小紋  小紋  帯の種類  帯地  着物と帯  帯揚げ  帯締め  足袋  草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢  裾回し  ぼかし

雨の日の装い
 雨コート    草履

着付けのポイント
 下着  着物  着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様  季節なしの文様  幾何学の文様  覚えたい文様


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system