"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月sise3.png(148 byte)12月
 1月  2月
 3月  4月
 今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節
 きもの地
 染めのきもの
 色無地
 訪問着
 付け下げ
 江戸小紋
 小紋
 帯の種類
 帯地
 着物と帯
 帯揚げ
 帯締め
 足袋
 草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢
 裾回し
 ぼかし

雨の日の装い
 雨コート
 
 草履

着付けのポイント
 下着
 着物
 着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様
 季節なしの文様
 幾何学の文様
 覚えたい文様





"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから









[季節なしの文様--風物] [季節なしの文様--風景]
そのもの自体には季節性が無い文様があります。取り合わせの草花や、他に描かれたものによって季節が表現されている場合が多いのですが、 季節感がはっきりしないものは通年着用できます。また、吉祥文様と組み合わせて描かれることもあり、吉祥とはっきりしている場合は季節なし。
名物裂写しや有職文様なども季節なしの文様です。

◆季節なしの文様--風物

【御所車文】
御所車とは、王朝の貴族たちが外出に用いた牛車のこと。御所の風景の中や花園に配置されていることが多い。 人や牛は描かれないのが普通である。この車に花を飾ったものは【花車】となる。
【源氏車文】
御所車の車輪のみを文様化したもの。どこまでも回転するということから縁起の良いものとされる。
【片輪車文】
御所車の木造の大きな車輪は、乾燥を防ぐために流水の中に浸しておかれた。この様子を文様にしたもの。流水文や青海波とともに描かれる。
【花唐草文】
飛鳥の時代に唐草文が伝来し、それ以降平安時代になって文様の和様化が進んで植物を用いた唐草文が表現されるようになった。 選ばれる植物としては、身近なものよりも牡丹・蓮・菊・桐といった特別視されたものが多かった。花としているが、写実的なものではなく、花を抽象化し何の花かは 特定できなくなっている。季節を象徴する一般の植物文とは違うので、季節を問わずに使用できる。
【唐草文】
蔓状の曲線をつないで作られる、あるいは蔓草がからみあう形を描いたもの。西アジアが起源とされ、シルクロードを経て中国に伝わり、日本へ伝わった。 日本に入った唐草文は様々に変化し、蔓のない桐・松・菊・竜胆などの好みの植物も取り入れた豊かな文様となった。 幾何学的なものや図案化されたものは季節を問わない。
【唐子文】
中国風の衣装を着て、頭頂や左右を残して剃り落とした中国髪の童子。家族繁栄の象徴。唐子遊びといって、遊んでいる姿を とらえたものが多い。
【御所人形文】
もともとは、宮中や公家の祝事や贈答に用いられた男児の人形で、頭は大きめで白い肌の裸姿であった。次第に腹掛けや烏帽子をつけるようになり、 唐子遊びをまねて遊んでいる姿をとらえたものが多い。現代では男児だけでなく姫人形の文様もある。おめでたいものなので、正月や端午の節句などに向く。
【源氏香】
香道の組香での点数の付け方を図案化したもの。源氏香には、源氏物語の巻頭と巻末を除いた52帖の巻物の名前がつけられていて、 出題された香りの題を線をつないだ図で答える。その形の独創性から文様として用いられるようになった。
【地紙文】
扇面の骨部分を除いた紙を文様化したもの。中に草花や物語絵を描いて用いられる。縁に破れが入ったものを特に破れ地紙と呼ぶが、中の絵柄が貴重であることを暗示している。
ページの上へ

◆季節なしの文様--風景

【州浜文】
水辺文のうちのひとつ。川や浜の砂州を描いたもの。 水辺文は、その文様自体には季節性はない。取り合わせによっては限定される場合もある。
【海賦文】
水辺文のうちのひとつ。州浜や貝、波、千鳥などで海岸の風景を表現したもの。
【浜松文】
水辺文のうちのひとつ。浜辺にある松を描いたもの。
【御所解き文】
江戸中期かた後期に大名の奥方や御殿女中の衣服に用いられた。留め柄として町人は装うことができなかったとされる。 山水の風景や花々、御殿などの家屋や枝折り戸などを描いている。御所解き、とはいうが御所とは関係がない。明治初期に名づけられたといわれる。
【近江八景文】
名所旧跡文のひとつ。江戸時代中期からきものの文様として用いられるようになった。 琵琶湖西南の景勝、比良の暮雪・石山の秋月・瀬田の夕照・三井の晩鐘・堅田の落雁・唐崎の夜雨・矢橋の帰帆・栗津の春嵐の八つをいう。
【遠山文】
もともとは中国から伝わった山水画のような峻厳な山々と急流を描いていたのが、日本風・大和風に文様化がすすんだ。 なだらかな山を上に配し、下には麓の景色を表現することが多い。
【霞文】
春先や秋口など、湿度の高い時期に遠くが霞んで見えることがあるが、その様を表現したもの。 絵巻物に描かれている霞は時間の経過を示したり、隠す、暗示する、などの意図を持つ。カタカナのエの字のように表現した形はエ霞と呼ぶ。 霞そのものに季節性はない。
【源氏雲】
源氏物語絵巻に描かれている、時間の推移や場面の転換を示した無地の雲形。源氏物語にちなんだ情景に使われることが多い。 現在でも、振袖や留袖の模様づけに見られる。
【波文】
さざ波、荒波、沖の白波と動きのある波の様子を描いたもの。もとは風景文様の一部だったが、波を強調し、単独で意匠化されたのは桃山時代。 波自体には季節性はないが、取り合わせによっては限定される。
【青海波】
波文のひとつ。同心の半円を連ねたかたち。舞楽の「青海波」の装束に表された文様が起源。江戸時代には青海水とも呼ばれていた。 「四海波静か」の言葉がるようにおめでたい文様とされる。
【流水文】
流れる水を表現したもの。植物や動物と組み合わせ、ある文学のテーマを表現することが多かった。 流水自体には季節性はないが、取り合わせによっては限定される。
【菊水文】
流水に菊の花びらが半分浮かび上がっている柄。浮かびあがる、という縁起の良さからか、楠木正成の旗印の紋として用いられた。
【観世水文】
流水文のひとつ。渦を巻いた水の様子を図案化したもの。観世流の定式文様。能装束などにも使われる格調の高い柄。

■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節  きもの地  染めのきもの  色無地  訪問着  付け下げ  江戸小紋  小紋  帯の種類  帯地  着物と帯  帯揚げ  帯締め  足袋  草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢  裾回し  ぼかし

雨の日の装い
 雨コート    草履

着付けのポイント
 下着  着物  着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様  季節なしの文様  幾何学の文様  覚えたい文様


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system