"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月sise3.png(148 byte)12月
 1月  2月
 3月  4月
 今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節
 きもの地
 染めのきもの
 色無地
 訪問着
 付け下げ
 江戸小紋
 小紋
 帯の種類
 帯地
 着物と帯
 帯揚げ
 帯締め
 足袋
 草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢
 裾回し
 ぼかし

雨の日の装い
 雨コート
 
 草履

着付けのポイント
 下着
 着物
 着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様
 季節なしの文様
 幾何学の文様
 覚えたい文様





"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから











市販されている着物用の下着を着用します。ブラは、着物用のものか、ノンワイヤーのものを。

長襦袢は背筋を決め、裾丈はくるぶしまでの長さ。裾すぼまりに合わせ、腰骨の上にしっかりと下の紐を締めます。

衿は自然に打ち合わせ、衣紋は抜きすぎないように。衿を合わせるポイントは、若い人はバストを覆うように、年配の方は バストの内側が目安です。上の紐は衿を押さえる感じでしっかりと締めてください。

上下の紐が整ったら伊達締めを巻き、結ばずにはさみこみます。




着物は衿に芯を入れて、背中心から肩までを衿幅半分に溜めておきます。

袖を通したら、着物の背縫いと長襦袢の背縫いとを 合わせて持ち、クリップで動かないように留めておきます。

裾丈はくるぶしが隠れる長さに。腰紐を結ぶと若干上がりますので、この段階では畳すれすれにします。

次に上前の位置を決めますが、このとき、右腰骨に3センチほどかかるようたっぷり見込んでおきます。茶会では長時間 座ることになりますから、着物の上前が開きがちになります。心もち上前幅が広いかと思うくらいで調度になります。

下前の裾は褄上がり12センチほどにして裾すぼまりの形に。ここで腰紐をぎゅっと締めると、裾丈は畳上がり1・5センチほどになります。

衿もとは、共衿の端を二センチ折り曲げて、左右を合わせます。白い衿が二等辺三角形にのぞくようにするときれいです。

おはしょりは前後、脇とすべてに手を通し、ゆるみやしわのないように上前、下前を重ねます。普段の着付けでは上前だけで おはしょりをつくりますが、茶席の場合は下前も一緒につくります。これは衿もとがくずれたときに、おはしょりを引くことで直せるようにするためです。

また、茶席では衿もとが乱れがちになります。袱紗や懐紙をだす度にくずれないよう、胸紐で軽く衿を押さえておきます。このときに 余分な身幅も脇によせ、一緒に押さえます。おはしょりの幅は五センチくらいにし、伊達締めを巻きます。このとき、前で締める前に後ろでぐっと下向きに引いてから結ぶと体に沿います。

これで、着物の着付けは出来上がりです。

胸から小物の出し入れをしやすくするために、帯は低めに仕上げましょう。帯の上端はゆったりさせて、下端をきゅっと締めるようにすると 上半身が楽で余裕のある動作ができます。立ち居の動作による着くずれも防げます。




1、のど元、帯揚げ、帯締めの結び目が一直線に並ぶように。
2、て先の下線とお太鼓の下をきっちりと合わせる。
3、て先はお太鼓から2〜3センチ出す。
4、横から見たとき、衣紋の抜き具合とお太鼓の高さが揃うときれい。
5、たれ先は7〜8センチ出し、おしりのトップに合わせる。
6、帯締めは、正面からは一本に見えるようにし、房は脇ではさみこむ。

■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節  きもの地  染めのきもの  色無地  訪問着  付け下げ  江戸小紋  小紋  帯の種類  帯地  着物と帯  帯揚げ  帯締め  足袋  草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢  裾回し  ぼかし

雨の日の装い
 雨コート    草履

着付けのポイント
 下着  着物  着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様  季節なしの文様  幾何学の文様  覚えたい文様


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system