"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月sise3.png(148 byte)12月
 1月  2月
 3月  4月
 今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節
 きもの地
 染めのきもの
 色無地
 訪問着
 付け下げ
 江戸小紋
 小紋
 帯の種類
 帯地
 着物と帯
 帯揚げ
 帯締め
 足袋
 草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢
 裾回し
 ぼかし

雨の日の装い
 雨コート
 
 草履

着付けのポイント
 下着
 着物
 着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様
 季節なしの文様
 幾何学の文様
 覚えたい文様





"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから











雨の日に着物姿で出かけるためには、雨ゴートが必要です。
絹の着物は水に濡れるとその部分が丸くシミになることがあります。特に縮緬は注意が必要です。 雨ゴートにはポリエステル系の素材で仕立上がりのものがあります。 価格も手ごろで絹製のものより軽く、小さくたためるので便利です。

一枚で仕立てた雨ゴートと、上衣、下衣に分かれた二部式のものがあります。 一枚のものの方がさっと羽織れて便利ですが、着丈の問題があります。自分の身長に合わせて、着物の裾が 濡れないよう裾まであるものでなければならないからです。 二部式のものはその点着丈の問題がないので求めやすいと言えます。
雨の日に最も汚しやすいのが裾です。雨ゴートの中で、裾を襦袢ごと膝上までたくし上げて軽く結んでおくという 方法があります。足はコートで隠れ、歩きにくいこともありません。絹には自力でしわをのばす力があるので コートを脱いだ後も軽い結びじわはすぐに消えてしまいます。
着物を仕立てる際に、防水加工を頼んでおくのもひとつの方法です。仮に濡れてしまってもしみになりにくく 汚れが落ちやすくなります。



傘は折りたたみ式の軽いものを選びましょう。雨が激しいときには大きな傘が安心ですが、茶席で邪魔にならないか どうか、注意することが必要です。また、夏は、晴雨兼用の傘が便利ですね。



草履にはビニール製のカバーを利用すると便利です。また、雨の日専用の草履もあります。 会場が広い庭園の場合は、駒下駄に爪皮を付けて履きます。砂利道などはこちらの方が履きやすいでしょう。日和下駄や 高歯は歯が薄いので、庭土を傷める恐れがあります。ただし、会場の入り口で草履に履き替える必要がありますので 下駄ででかける場合は、履き替え用の草履を持参するのを忘れないように。

■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節  きもの地  染めのきもの  色無地  訪問着  付け下げ  江戸小紋  小紋  帯の種類  帯地  着物と帯  帯揚げ  帯締め  足袋  草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢  裾回し  ぼかし

雨の日の装い
 雨コート    草履

着付けのポイント
 下着  着物  着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様  季節なしの文様  幾何学の文様  覚えたい文様


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system