"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月sise3.png(148 byte)12月
 1月  2月
 3月  4月
 今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節
 きもの地
 染めのきもの
 色無地
 訪問着
 付け下げ
 江戸小紋
 小紋
 帯の種類
 帯地
 着物と帯
 帯揚げ
 帯締め
 足袋
 草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢
 裾回し
 ぼかし

雨の日の装い
 雨コート
 
 草履

着付けのポイント
 下着
 着物
 着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様
 季節なしの文様
 幾何学の文様
 覚えたい文様





"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから









[きものの季節] [きもの地] [染めのきもの]
[色無地] [訪問着] [付け下げ] [江戸小紋] [小紋]
[帯の種類] [帯地] [着物と帯]
[帯揚げ] [帯締め] [足袋] [草履]

きものの小物には、着る人のセンスが表れます。センスを活かして自由にコーディネイトするのはお洒落用の場合にし、お茶席では控えた色使いを 心がけましょう。



帯揚げは、帯の間からちらりとほんの少しのぞくだけですが、その色にその人のセンスをうかがうことができます。 年齢よりも少々派手なものであっても、見える分量が少ないため気になりません。
生地は、ちりめん、綸子、絞りなどがあります。夏は絽や紗のものを使用します。
お茶席では渋めの色が好まれ、きものの地色と差のない共色がよいでしょう。無地や江戸小紋には綸子のぼかし、 小紋のお稽古には無地のなど、きものの格に合わせるのもおしゃれの方法のひとつ。また、帯揚げと 裾回しの色を揃えるとまとまった雰囲気になります。

【フォーマル用】
綸子の総絞りは、若い方の礼正装用に使用します。振袖や袋帯に合わせて色を選びましょう。白の帯揚げは礼装用です。 五つ紋つきの留袖に用います。お茶席では、総絞りの帯揚げはあまり好まれないようです。若い方のお披露目として振袖を着用する場合には 総絞りを合わせるのですが、その場合にも帯揚げがあまり出ないような着付けにします。

【セミフォーマル用】
綸子のぼかしや部分絞りなど。セミフォーマルから外出用まで幅広く使うことができます。 お茶席にもっとも利用するのはこの類です。着付けの際には、あまり帯揚げが出ないようにします。

【おしゃれ用】
小紋柄、更紗、段ぼかし、紅型、縞、振り分けなどの柄ものはおしゃれ用として用います。 無地や縞の紬などに合わせるとお互いが引き立ちます。お茶席では、無地風の柄ものを使用することはあっても はっきりとした大柄なものを使用することはありません。

ページの上へ






絹の弾力性のあるものがよく締まって良いとされ、撚りをかけた絹糸を丸台、綾竹台などの道具を使い、手で組みながら作ります。 組みひもの歴史は古く、奈良正倉院にも当時のままの観世撚りの長い組紐が残っています。鎌倉時代以降は、武家の武具に使われ発達したと 言われています。そして、明治時代に入り、武家制度が廃止された後は女性のきものになくてはならないものとなりました。
帯締めには、組み方によって様々なものがありますが、代表的なものに、平らに組まれた平打ちと丸く組まれた丸組とがあります。 平打ちは、高麗、綾竹、源氏、貝の口、笹浪など。 丸組は、冠組、丸源氏、四つ、八つなどです。中でも冠組が締めやすく、お茶席に向いているとされます。
帯締めは、帯を締めた後にゆるまないよう締めるものですが、きもの姿全体を引き締める役割もあります。 帯締めの占める色の割合はほんの小さなものですが、大きな影響力があるのできものや帯との調和を考え、慎重に選びましょう。 きものや帯の柄の中から、一番少なく使われている濃い色を選ぶと全体が引き締まって見えます。

【ミス礼正装用】
丸組みの太めのものが一般的です。品格を重んじるには、あまり凝ったものや細めのものは避けます。

【ミセス礼正装用】
留袖には白の丸ぐけや金、白の格のある組みひもを用います。水引といって真ん中から金銀に分かれているものは 金が本人から見て左、銀が右にくるように締めること。(のしの水引と同じ)

【おしゃれ用】
柄のあるもの、細めの丸組、柄の丸ぐけなど様々なものがあります。どのような柄でもよいのですが、締めやすい素材を選ぶ ことが肝心です。お茶席で使用するのは、このおしゃれ用になります。しかし、金糸銀糸の入った格調高い平打ちのものや、きっちりと組まれた 冠組が向いているとされます。夏には柄の入った羅組のものを使用しますが、基本は無地風の落ち着いたものを選びましょう。

ページの上へ






お茶のお稽古は、まず歩くことから始まります。
茶室に入るとき、出るとき、座るときと、畳の部屋を歩く足の運びを練習するのです。その際に、足袋が重要となります。 特に、お点前やお運びをする人は、お客の前での立ち振る舞いですから、なおのこと気をつけたいものです。
足の甲にしわがよる場合は、大きさを調べなおしてぴちっと足に合うものにしましょう。コハゼは4枚のものがよいでしょう。 5枚のものですが足首を締め付けるため、座ることの多い茶席には向きません。
材質は木綿がよく、ほかにナイロンなどの合繊や絹の羽二重などもありますが、吸湿性にすぐれ、何度でも洗濯でき、丈夫で型くずれしにくいという点で木綿以上のものはありません。合繊の足袋は静電気によってほこりがつきやすく、黒ずみも漂白しにくい、また滑りやすいという難点があります。
夏用には麻素材のもの、冬用には裏がネルになったものなどがあります。
足袋になじむためにも、お稽古のときから足袋を履いて慣れておくと良いでしょう。
また、木綿は洗濯すると縮むため、サイズは実際の足よりも5ミリ大きいものを選ぶようにし、茶会には必ず道中の足袋とは別に替え足袋を用意します。大寄せの茶会などでは、道中では足袋カバーをすることも。しかし、正式な茶席では足袋を履き変えること。

ページの上へ






草履は、野点などの場合を除いて、茶席ではくことはなく、露地を歩く際には露地草履を使います。このため、比較的自由に選ぶことができます。
大きさは、かかとが台からすこし出るくらいがよく、かかとの高さは3、4センチが目安。鼻緒の色ときものとで、色合わせを考えるのも楽しいものです。

礼装用(留袖、振袖)
かかとの高さ:5センチ程度
素材:錦織、唐織、綴織などの布製。金糸・銀糸の使われた豪華なもの。皮革に金粉、銀粉、金箔などをあしらった華やかなもの。台と鼻緒は同素材、同色のものを。
準礼装用(訪問着、色無地)
かかとの高さ:5センチ程度
素材:布製のものや皮革に金粉、金糸、螺鈿など手の込んだもの。エナメルの無地で台も鼻緒も同色、あるいは同素材。かかとに使われた柄と同柄の鼻緒のもの。
お洒落用(小紋、紬)
かかとの高さ:3〜4センチ
素材:布製、皮製、爬虫類、エナメル。台と鼻緒は同じでなくても良い。

◆わたしの場合
通常の草履は、みなさんエナメルの草履です。無地だったり柄が入っていたり・・・きものと合わせていらっしゃるお洒落な先生も・・・歩きやすさからウレタンの草履を選ぶ先生もいらっしゃいます。
わたしは母からのお下がりの草履(エナメルの革、うすピンクで鼻緒が赤)を常にはいてました。そしたら・・・ある雨の日に底が・・・!!
相当くたびれていたんですね、底がはがれてしまったんです。
そこでわたしが新調したのは、鼻緒も台も真っ白のエナメルの草履。
本当は、きものと合わせて薄紫や、グレーなどいくつも持ちたいところですが、なかなかそうもいかず。そもそも草履が目に触れることはほとんど無いわけですから、とりあえず、何色にも似合う白で。 これは正解でした。白なのでおめでたい雰囲気も出るし、小紋〜訪問着にも合わせられます。
後は、少し豪華な草履(エナメルで鼻緒に金とピンクの桜模様入り)も持っており、華やかにしたい時にはこれ。
お稽古用と、無地のエナメルのものと、少し豪華なもの。この三足があれば十分かと思います。

■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節  きもの地  染めのきもの  色無地  訪問着  付け下げ  江戸小紋  小紋  帯の種類  帯地  着物と帯  帯揚げ  帯締め  足袋  草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢  裾回し  ぼかし

雨の日の装い
 雨コート    草履

着付けのポイント
 下着  着物  着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様  季節なしの文様  幾何学の文様  覚えたい文様


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system