"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月sise3.png(148 byte)12月
 1月  2月
 3月  4月
 今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節
 きもの地
 染めのきもの
 色無地
 訪問着
 付け下げ
 江戸小紋
 小紋
 帯の種類
 帯地
 着物と帯
 帯揚げ
 帯締め
 足袋
 草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢
 裾回し
 ぼかし

雨の日の装い
 雨コート
 
 草履

着付けのポイント
 下着
 着物
 着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様
 季節なしの文様
 幾何学の文様
 覚えたい文様





"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから









[きものの季節] [きもの地] [染めのきもの]
[色無地] [訪問着] [付け下げ] [江戸小紋] [小紋]
[帯の種類] [帯地] [着物と帯]
[帯揚げ] [帯締め] [足袋]



きものは、織りのきものよりも染めのきものの方が格が上ですが、帯はその反対。 「染めのきものに織りの帯」とは、格を合わせた装いになります。 きものの種類に、礼装用、正装用とあるように、帯にも格があります。

【丸帯】 →丸帯を見る
婚礼用の振袖に用いる礼装用の帯。幅68センチ、丈400センチ内外。錦織、金襴、銀襴、緞子などの厚地の堅い織りのものを使用します。 模様は婚礼用にふさわしい亀甲、蜀江などが多く、色は白地、黒地、朱地など。

【袋帯】 →袋帯を見る
幅30〜32センチ、丈400センチ内外。丸帯に替わって礼装用に用いられています。振袖、訪問着、紋付きのきものに。 模様は正倉院の御物にみられる有職文様が多いのが特徴です。錦織、金襴、銀襴、緞子などが使用されます。夏には紗織りのものも。

【名古屋帯】 →名古屋帯を見る
袋帯を簡略化した帯。胴回り15〜16センチ、お太鼓幅30センチ、丈340センチ内外。 冬は錦織、紋織り、つづれ、緞子、羽二重などの素材を使用します。夏は紗、絽の素材。 織りと染めがあります。

【袋名古屋帯】 →袋名古屋帯を見る
長さも形も名古屋帯とほぼ同じですが、芯を入れずに帯幅をかがったもの。緞子などの厚手の生地を用います。手先の部分だけかがってあるものが多く、胴部分を折って着用します。

【ひとえ帯】 →ひとえ帯を見る
夏用で、裏をつけない一枚織りの帯。博多献上、絽つづれ、羅、紗などのものがあります。単衣のきものに合わせて着用します。お太鼓部分をかがってあるものは ひとえ帯ではありません。

【半幅帯】 →半幅帯を見る
全体が15〜16センチ幅につくられた帯。帯幅の半分に仕立てるため、半幅と呼ばれます。浴衣に合わせる帯がこれ。 お茶席には向きませんが、ちょっとしたお出かけや羽織り下にはおすすめです。 ページの上へ






やわらかな染めのきものに、しっかりとした錦織りの帯などは、素材の強弱の調和がとれて良いとされています。 お茶会の雰囲気に合わせ、きものと帯の素材を考えたいものですね。

【麻】
平織りの地に手描きのものが多くあります。綿、麻の着物に。

【絽】
芯を入れて仕立てます。染め柄が多く、絽の着物と合わせます。9月の単衣に合わせても。

【紗】
地がしっかりとしているので、芯をいれずに使用できます。袋帯に仕立てることが多いので正装に向きます。

【紗献上】
博多献上の独鈷柄を紗織りにした帯。紗の着物に合わせます。

【長絹】
能の長絹という装束からとった夏用の帯。絽の着物に合わせます。

【西陣】
京都西陣で織られた帯。色柄によって、振袖から留袖まどの礼正装に用います。

【博多献上】
黒田藩が幕府に献上したことからその名がついたと言われています。独鈷(どっこ)と呼ばれる柄は 仏具の独鈷からデザインしたものだそうです。

【スワトー】
スワトーとは、ハンカチでおなじみの中国の刺繍。全体がスワトーになっているものや、部分的に刺繍されたものがあります。

【縮緬】
着物地であるちりめんも、芯を入れて帯に仕立てることができます。江戸〜大正時代には、縮緬の腹合わせ帯(帯の腹を合わせて仕立てたリバーシブル)が広く使われていました。

【紬】
色糸で柄を織り出す紬の帯。地が薄い場合には芯を入れて仕立てます。

【塩瀬】
塩瀬羽二重とは、半衿にも使用する生地で、横に筋が入ったしっかりしたもの。染め帯というと、塩瀬羽二重の 帯を指します。
ページの上へ






【着物と帯の格】
着物には、大きく分けると「染めの着物」と「織りの着物」があります。「染めの着物」は白生地に後から色や模様を染め上げる後染め、 「織りの着物」は染めた糸で織られた先染めになります。一般的に、「織り」よりも「染め」が格が高いと言われています。 「織りの着物」には、紬、御召、銘仙、ウール、麻などがあります。これらの着物はどんなに高価なものでも、お茶席には向かないとされています。 よくある光景で言えば、普段着でパーティーに行くような感じでしょうか。大島紬などは、ほんとに高価な着物ですが それでも普段着なので、お茶会には不向きです。
帯では、「織り」が「染め」よりも格が高いとされています。「染めの着物に織りの帯、織りの着物に染めの帯」とは、質感の相性だけではなく、格を 合わせるという意味もあるようです。しかし、これもひとつの目安ですので、季節や場所によってふさわしいと思える着こなしを心がけましょう。

【きものと帯の調和】
きものと帯の合わせ方には、いくつかの基本があります。
色無地紋付は茶席に欠かせないきもので、無地のため帯との取り合わせも簡単です。しかし、紋の数や茶席の主旨によって 異なってきます。
五つ紋付や三つ紋付の礼装には、唐織や錦などの帯を合わせて正装に。一つ紋付の場合には、これよりややくだけた紹ハや名物裂写しなどの帯。紬の縫い紋のきものには 時季の花柄などの帯を合わせて。

口切りや初釜で着る色留袖には、きものよりも重い帯を合わせると格式が出せます。唐織や錦の他に、金や銀箔入りの帯、綴れなど。上半身には柄がないのでまとめやすく、色めも きものが淡い色ならば濃い地色の帯。反対に、濃い地色のきものなら淡い地色の帯を。

訪問着や付け下げには、綸子のように光る白生地に染めたものと紬のように渋いものがあります。一般の華やかな綸子の花柄には、帯は花柄を避けて、霞、貝合わせ、流水、鳥などの模様を合わせると花柄が生きます。
色留袖の場合よりも、ややくだけた柄、軽い柄の帯を選ぶことも必要です。有職文様や天平文様などの帯にも合うものがあります。きものが花柄でなければ、帯に花を持ってくるのもよいでしょう。
紬や大島のように渋い織りのきものには、有職文様や天平文様の帯は合いません。また、色箔やプラチナ箔などの帯もよくないでしょう。 箔ならば、焼箔のように光りを抑えたもの、または紹ハや間道の帯が似合います。

江戸小紋の場合には、色無地一つ紋付に準じて組み合わせる方法から略式のおしゃれな装いまで、合わせる帯によって利用範囲が広がります。
有職文様や天平文様、紹ハのしゃれ帯、間道の帯など。江戸小紋は、色無地よりも渋いきものになるので、豪華な金・銀糸入りや唐織などの袋帯は格が合いません。

大寄せなどに用いる小紋の場合には、柄が賑やかなものが多いので、その場合には名古屋帯を中心に。名古屋帯は、お太鼓柄のものが小紋と合わせてもすっきりした印象になります。
小紋は、多彩な友禅小紋や紅型などのほかに、更紗、ろうけつなどがありますが、それによっても帯合わせが異なります。 渋い更紗などには色箔などの光る帯よりも、金・銀糸の入らない綴、インカやコプト裂の模様写しや焼箔の光りを抑えた帯など。 多彩な小紋には、九寸の織り名古屋帯や染め帯を。柄が細かいきものの場合には、大柄の帯として抽象柄の唐草調や流水調のものを合わせるとすっきりします。 格の高い柄の場合には、有職文様の軽い帯でも。
染め帯には、花柄などの手描き・絞り・辻が花調など、花柄も豊富です。気張らないお茶会にはこのような装いで気軽に。 紅型の場合は、はっきりした柄のものには膨れ織などの無地感覚の名古屋帯が合います。派手やかな小紋類には、地味な紬の帯は締めません。 また、礼装用の帯も、格が開きすぎてしまいます。

[きものの季節] [きもの地] [染めのきもの]
[色無地] [訪問着] [付け下げ] [江戸小紋] [小紋]
[帯の種類] [帯地] [着物と帯]
[帯揚げ] [帯締め] [足袋]

■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節  きもの地  染めのきもの  色無地  訪問着  付け下げ  江戸小紋  小紋  帯の種類  帯地  着物と帯  帯揚げ  帯締め  足袋  草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢  裾回し  ぼかし

雨の日の装い
 雨コート    草履

着付けのポイント
 下着  着物  着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様  季節なしの文様  幾何学の文様  覚えたい文様


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system