"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月sise3.png(148 byte)12月
 1月  2月
 3月  4月
 今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節
 きもの地
 染めのきもの
 色無地
 訪問着
 付け下げ
 江戸小紋
 小紋
 帯の種類
 帯地
 着物と帯
 帯揚げ
 帯締め
 足袋
 草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢
 裾回し
 ぼかし

雨の日の装い
 雨コート
 
 草履

着付けのポイント
 下着
 着物
 着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様
 季節なしの文様
 幾何学の文様
 覚えたい文様





"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを装う

茶席を楽しむ

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから









[きものの季節] [きもの地] [染めのきもの]
[色無地] [訪問着] [付け下げ] [江戸小紋] [小紋]
[帯の種類] [帯地] [着物と帯]
[帯揚げ] [帯締め] [足袋]



きものは、季節によって衣更えとなります。 10月〜5月までは「袷(あわせ)」 7月、8月は「薄物(うすもの)」 6月、9月は「単衣(ひとえ)」

【袷】
胴裏と八掛(裾回しともいう)のついたきものを袷と呼びます。洋服でいえば、総裏仕立て。 裏地をはずして仕立て直せば単衣としても着ることができます。

【薄物】
夏に着る透けたきものを薄物と呼びます。絽や紗、麻などの地がありますが、いずれも涼しげなきもの。 薄物に合わせる帯は、同様に透けている帯を選びます。裏地なしの仕立てです。

【単衣】
袷と薄物の間に着るのが単衣。袷に対して、裏地の無い仕立てのものを呼びます。 裏をつけると、袷という呼び方に変わります。素材は袷と同様のものを使用します。
ページの上へ






きものには、様々な趣向をこらした着物地があります。光沢があるものや透けるようになっているものなど。 狭いお茶席では、あまり光沢のあるものは好まれませんが、外で行う野点などでは 引き立っていいかもしれません。このように、出掛ける目的によって着物地を選ぶことが望ましいでしょう。

【綸子】
なめらかな光沢のある生地。紋綸子とは、模様を地紋に織り出したもの。色無地や、紋綸子に柄を染めた訪問着・小紋があります。

【縮緬】
ちいさなしぼのついた生地。しぼの大きさは細かいものからどっしりした大きめのものまであります。光沢感が少ないので、お茶席に欠かせないきもの地です。

【絽】
薄物に代表される生地。平織りと捩り(もじり)織りを併用するため、透けすぎてしまうことはありません。汗の出る夏に着用するので、最近では洗えるポリ製を着用することが多いようです。 帯は、絽の帯を合わせます。

【紗】
絽と同じく薄物の生地。絽とは違い、捩り織りを連続で織り上げるので、かなり透け、モアレのように木目のような模様が浮き立ちます。長襦袢の色も重要です。 帯は、紗の帯を合わせます。

【麻】
麻素材を使用した生地。平織りのものや、小千谷縮のようにしぼのある生地もあります。また、上布というのは麻糸の細いもので織られた上等のものを指します。夏には涼しい素材ですが しわになりやすいので注意が必要です。

【絹紅梅】
四角い筋目模様が特徴の生地。絹糸と木綿糸で織り上げるため、木綿糸の箇所が筋となって表れます。浴衣の中でも絹紅梅のものは上等とされ、長襦袢を着て 外出用として着ることができます。

【紬】
紬糸で織り上げた生地。先染め、後染めがあります。有名なものでは大島紬、結城紬。綸子、縮緬に比べて糸が太いため、しゃきっとした着心地です。お茶席には向かないとされています。
ページの上へ






きものを大きく分けると、2種類に分けることができます。それは、「先染めのきもの」と「後染めのきもの」です。
先染めというのは、糸のうちに色を染めて織り上げる反物のことで、代表的なものに「紬」「御召」「木綿絣」などがあります。 後染めというのは、糸を染めずに白糸のまま反物に織り上げ、そこに「小紋染め」や「紅型染め」、「友禅染め」などを施したもの。 白糸で織った反物は、「白生地」と呼び、代表的なものに「ちりめん」「綸子」「羽二重」などがあります。
このような工程の違いから、後染めのきもののことを染めのきもの、先染めのきもののことを織りのきものと呼びます。
茶席では、織りのきものはお洒落着用としてふさわしくないといわれます。ここでは、染めの代表的なきものを説明します。

【京友禅】
元禄時代に、京都知恩院門前に扇絵を描く宮崎友禅斎という絵師がいました。この絵師が、京友禅の特徴である防染糊や糸目糊を発明したと いわれています。
京友禅というと、手描き友禅を連想することが多いかと思いますが、実際には、手描き友禅の中に 糸目糊を用いる京友禅、加賀友禅、豆描き友禅、あぶり友禅、無線友禅などの多くの種類の友禅が含まれています。
京友禅の特徴は、糸目糊という他の場所に色がつくのを防ぐ糊を使用することです。布の上に直接色を挿すと、染料がにじんでしまってぼけた絵に なってしまいます。そこで、もち米と糠を原料とした糊を使用するようになったのです。糊を筒金の中に入れ、青花で描いた 模様の輪郭に沿って糸のように糊を引いていきます。それから色を挿し、仕上げの際に糊を落とすと糊を引いた部分が糸のような線として残り、 模様にくっきりとした輪郭ができるのです。
こうした技法を発明したのが宮崎友禅だといわれ、その名をとって「友禅染め」といわれるようになりました。 模様が図案化されていて、花鳥風月がデザイン的に構成されているものが多いのが、京友禅の特徴です。 高度な技術を持つ多数の職人の分業によって、こうした特徴が産まれたと考えられます。

【加賀友禅】
金沢藩のもとで染色技術が発達し、江戸中期には繊細で品のある手描き友禅が形づくられました。 写実的な自然描写と派手すぎない色彩が特徴です。
京友禅との大きな違いは、自然の草花、四季の移ろいを写実的に描写する点です。 葉や花の虫食い、朽ち落ちてゆくさまを多彩な色使いで描き、落ち着いた風情を持っています。
九谷焼で知られる加賀には、古くから絹織物や染色が盛んに行われていました。こうした中、江戸中期に加賀の 染色技術な画期的な進歩をし、独特の友禅を作り出していったのです。
また、京友禅の元祖・宮崎友禅斎が晩年、京都から加賀に移り住んで、加賀友禅の発達に貢献したともいわれています。

【型友禅】
型紙を使って布地に直接友禅模様を染めていくのが型友禅です。化学染料の発達で、多彩な型染めが可能になりました。
型染めを使用して染める方法は古くからありましたが、最も盛んに行われたのが江戸時代です。
武士の裃などを染めた小紋型(現在の江戸小紋)、中型(現在の浴衣)、大紋柄(武士の礼装用の大紋、という衣装につける紋)などがあり、 これらはすべて単色でした。
型友禅と呼ばれるものが染められるようになったのは最近のことで、明治に入ってから。階級制度の制約がなくなり、 一般庶民にも絹の友禅が許されるようになるとより安価で身近なものが要求されるようになったのです。 その頃、海外から化学染料が持ち込まれ、糊に染料を混ぜて、型紙で美しい友禅模様を染める方法が編み出されました。 こうして、単色だった型染めの分野でも多彩な色使いが可能となったわけです。
複雑な工程を経てできる手描き友禅に比べて安易とはいうものの、美しい絵柄をつくるには色数だけの型紙が必要です。 十数枚もの型紙を一枚ずつ、一色ずつ染めていく作業は、安易というわけではありません。
現代の江戸小紋も型友禅も、「型彫り」という型紙を使用しますが、有名なものは伊勢の白子。張り合わせた和紙に 渋を引いて渋紙をつくり、細い刀を扱いながらさまざまな文様を彫り上げていきます。こうした繊細な技術のおかげで、多様な美しさを 楽しむことができるようになりました。

【江戸小紋】
江戸時代の武士の裃に用いられた、細かな模様を伊勢型紙を使用し伝統的な技法で染めたものです。 気品のある美しさは熟練工の職人技によるもの。柄は精緻なものほど品格があるとされます。
江戸小紋と呼ばれるようになったのは最近のことで、昭和に入ってからのこと。 昭和30年に小紋型染めの小宮康助氏が人間国宝に認定された際、他の小紋と区別するようにつけられました。
一見無地のように見えますが、近寄れば精巧な技が光ります。型紙は15センチなので、同じ柄の場合は 一枚の型紙を送りながら糊置きをしていくのです。型彫りの職人の腕と、その型紙を使って寸分の狂いもなく 糊置きをしていく職人との技術の結集といえます。

【琉球紅型】
琉球王朝は近隣諸国との交易が盛んで、紅型は日本の友禅、中国の切花布、南方の更紗などの影響を受けて生まれたものです。 さまざまな色を使って型染めしたものを紅型と呼び、藍だけで染めたものは藍型(えしがた)と区別します。
紅型は、王家と士族のみに許され、一般の人々は着ることができなかった憧れの衣装です。ことに、フク木で染めた 黄色地の紅型は王家の人にしか許されない高貴なものでした。
紅型は、豊かな色彩を一枚の型紙で染めていく技法です。糊で防染しては色を挿す。この作業を繰り返し行っていきます。
構図、型彫り、色挿しまでをすべて一人で行うことも特徴です。まず図案を考え、柿渋の和紙に型彫りします。 このとき型紙の下に下敷きを引くのですが、それに「るくじゅう」と呼ばれる豆腐を使用します。通常よりも大豆を多く使ってつくった豆腐を乾燥させたもので、 表面は硬くなりますが、中身は柔らかいまま。これが、型彫りの美しさを出すために欠かせないものなのです。
生地に豆汁を引いて、色のにじみを防ぎ、その上に型紙を置きます。もち米に糠と塩を混ぜてつくった糊を置いて、へらでのばします。 型紙をはずすと、模様の部分に地肌が出るので、そこに色を挿していきます。模様の染料には主に顔料を使用し、地色には植物染料を使うことが 多いようです。この作業を何度も繰り返し行い、いかにも南国情緒を感じさせる赤や黄、青といった色彩が表現されます。

【辻が花】
室町時代から伝わる気品漂うきものです。当初は、絞りと墨絵で描いた簡素なものでした。 模様を絞り染めした輪郭に墨絵を施したり、模様の隙間に墨で描いたりしていく技法。枯れかけた 花や葉を題材にし、もののあわれを感じさせる美しさを持っています。
その美しさは権力者たちにも愛され、さらに色彩を加え金銀箔や縫いをあしらったものなど、次第に豪華になっていきました。 技術を伝承する者がいなくなり、幻の染色といわれていましたが、試行錯誤を繰り返し昭和の末期に再び形となりました。
本物の辻が花ではなく、デザインを似せた染めのものを辻が花風ということもあります。
お茶席では総絞りは好まれません。辻が花も全体ではなく、部分的になったもの、または帯を選びましょう。

【絞り】
布を糸でくくったり、器具ではさんだりして防染し、それを染めたもの。総絞りのものは一粒ずつくくっていく細かい作業のため、とても手間が かかるものです。
大変に手間がかかる贅沢品のため、江戸時代の大奥でも奢侈禁止令で使用を禁じられたこともあったそうです。
鹿の子絞りとは、総絞りにしたその模様が鹿の背中のまだらに似ているということからその名がつきました。 手結びと器具を使用した2種類があります。
本鹿の子とは、手結びでくくったもの。指先で布地を叩き込み、絹糸で7回くくったものを指します。4回くくった ものは中疋田、2回くくったものは京極と呼びます。
京極絞りとは、器具を使って木綿糸でくくったもの。生地の線条に一粒ずつ京極を絞ったものを一目(人目)と呼びます。 一目絞りを総絞りにしたものを総一目と呼びます。
疋田絞りとは、普通の鹿の子よりもやや大型の四角型のものを指すといわれていますが、鹿の子絞りを総絞りにしたものを疋田鹿の子と呼ぶ こともあるようです。
総絞りのきものは高価であっても紋をつけられるきものではないので、正式な場所には着られないといわれます。 お茶席でも、わびさびの精神から、贅沢な総絞りはふさわしくないと考えられています。

【茶屋辻】
茶屋辻模様とは、江戸時代中期以降に御殿女中の夏の正装用として用いられたもの。 徳川御三家の止め柄(留柄)として、一般庶民には手の届かぬ模様でした。
もともとは、奈良さらしや越後上布の高級品の麻布を使用して藍染めしたもので、四季の花々や水辺の 風物などの絵模様でした。その後、絹を染めて部分的に赤の刺繍を施したものなどが作られました。
徳川の奥女中だけに許されていた柄なので、品格のある着こなしが大事です。粋になりすぎないよう注意が必要です。

【江戸中型】
浴衣のことを、別名江戸中型といいます。江戸では、中型の型紙を使って白地に藍や、藍地に白の模様を 染めていたためこの名があります。 本来は入浴後の水気を取るために着用した湯帷子(ゆかたびら)で、今でいうバスローブのようなもの。 また夕方からの家庭着として用いられたものなので、外出用のきものではありません。
しかし、きもの自体が珍しくなった現代では、お祭りなどに際して着用する外出着となっています。それでも 長襦袢を着用せずに着るものなので、やはり昼からの外出には不似合いです。

【南部染め】
古来から高貴な人のみに許された紫色は、紫草の根で染めたものです。茜草、紫根染めは岩手の南部地方の一部にしか見られなくなりました。 南部地方には鎌倉時代以前に伝えられたといわれています。
昔ながらの秘伝の技法で染めるには、ニシコリ灰に120〜130回も下染めしてから、本染めを十数回繰り返します。 一枚の布が染め上がるまでには2年余りかかるそうです。そしてさらに、1年間はたんすの中に寝かせて色を安定させます。
このような伝統技法は化学染料の進出によって途絶えかけていましたが、地元民が復活させ、現在では伝統的なものに現代技術を加えて製作されています。
南部の紫根染めは、やや赤味をおびた紫色。京鹿の子とは違った絞り模様となり、独特の風情があります。

【ろうけつ染め】
正倉院の宝物にも見られる技法。大陸から日本へ最初に伝わった染色技法が纐纈(こうけち)、夾纈(きょうけち)、臈纈(ろうけち)の 三つだとされていて、これを天平の三纈といいます。順に、絞り染め、板締め染め、ろうけつ染めとなります。
ろうけつ染めは、ろうを用いて染色をします。ろうが乾くと亀裂が生じ、独特のひび割れができます。そこに染料をしみこませます。 その時々のろうの亀裂の入り具合によって表れる、偶然の模様の面白さがあります。

[きものの季節] [きもの地] [染めのきもの]
[色無地] [訪問着] [付け下げ] [江戸小紋] [小紋]
[帯の種類] [帯地] [着物と帯]
[帯揚げ] [帯締め] [足袋]

■茶席のきものを学ぶ

季節ごとの装い
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
今月の装い

着物地/帯地/小物
 きものの季節  きもの地  染めのきもの  色無地  訪問着  付け下げ  江戸小紋  小紋  帯の種類  帯地  着物と帯  帯揚げ  帯締め  足袋  草履

茶席ならではのおしゃれ
 長襦袢  裾回し  ぼかし

雨の日の装い
 雨コート    草履

着付けのポイント
 下着  着物  着付けのポイント

きもの文様
 吉祥文様  季節なしの文様  幾何学の文様  覚えたい文様


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system