"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席を楽しむ

茶席のマナー
 マナー
 当日用意するもの
 茶庭の歩き方
 茶室の入り方
 お菓子のいただき方
 薄茶のいただき方
 お道具の拝見の仕方

茶席の必需品
 ふくさ 古ぶくさ
 扇子  懐紙
 袱紗入れ 楊枝
 袖落とし 替え足袋
 ハンカチ 風呂敷
 数奇屋袋
 道中バッグ

席中の楽しみ
 役割
 形式
 茶花
 茶菓子
 茶碗

季節の茶趣
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月12月
 1月  2月
 3月  4月

茶道心得
お茶事備忘録


"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを学ぶ

茶席のきものを装う

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから





茶席を楽しむ

お茶会のお道具メモ

※このページは整理整頓せず思いついたまま・お稽古で見たままの順番で 綴っていきます。


◆茶席の掛物
茶席には、待合と本席の床に軸を掛けます。
この掛軸が読めずに苦労します。先生と一緒の場合には説明をしてもらうのですが、なかなか一回で 覚えられるものではなく・・・。軸の意味がわからないと、その席の面白みがずいぶん欠けてしまうので ぜひとも読めるようになりたいものです。そこで、軸の語句について説明してあるものを見つけた場合は このページに書いていくことにします。

この語句は、「猿抱子帰青嶂後 鳥啣花落碧厳前」の一部で、『猿は子を抱いて青嶂(せいしょう)の後(しりえ)に帰り、 鳥は花を啣(ふく)んで碧厳(へきがん)の前に落つ』と読みます。「碧厳集」の中の一節です。 「碧厳集」は、沸果圜悟禅師(1063〜1135)が集録し、完成したものです。 中国は湖南省岳州れい州の夾山霊泉院という風光明媚なところに、唐の時代、この寺の住職だった夾山善会という方が ある修行僧に「如何なるか、これ夾山の境」と問われた時に「猿は子を抱いて・・・」と答えたといわれます。 親子の猿が夾山の裏山から出てきて寺の庭で仲良く遊んでいる姿、鳥も枝から枝へ飛び交い戯れている。 この寺の庭では、猿も鳥も朝から晩まで一日中遊んでいる。しかし、猿は日が暮れると小猿を抱きながら山へ帰っていく。 鳥もまた、花をふくんで碧厳の前のねぐらへと帰っていく。夾山自身が猿や鳥とともに無心の世界に自然と 一体となって感じた情景が眼に浮かぶようですね。

◆6月のお軸
(こうじょうすうほうあおし) 笛の音がかすかに響いていたが、誰が奏でていたのだろうか。外に出ると人影は見えず、笛の音も聞こえず、 ただ大河の彼方に峰々が青くそびえている、という様子を表現した句。 6月のお稽古時に掛かっていたものです。夏に近づく、蒸し暑い今の季節にぴったりの涼感あるお軸ですね。 本などで詳しく書いたものを発見したら追記します。


◆6月の茶花
6月の茶花:ちんしばい・ほたるぶくろ・琉球月見草
・ちんしばいは、かすみ草のような感じ。白い小さな花が小枝にたくさん咲く。つぼみが丸くてかわいい。花があまり咲くと 香りがきつくなるので注意。
・ほたるぶくろは、紫のぷっくりした花。下向きに咲く。花が大きく開かないうちが良い。花自体が小さめが好ましい。
・琉球月見草は、よくある黄色の月見草ではなく、ピンクの月見草。若干、花が小さめでかわいらしい。
6月の花入:有馬かご

◆7月、8月のお軸
(たき ちょっかさんぜんじょう)
滝、という字が、いかにも滝そのものの画のようになっているものが多い。力強く、涼やか。涼を感じる軸。







◆8月の茶花
宗旦むくげ(底紅)・・・ものすごく覚えていないので、以下省略

◆初釜
床・・・結び柳。柳は、地面についた枝から根がつくので、同門のつながりや和(輪)の意味を込めて飾る、とのこと。 玄々斎のお筆の軸だったような・・?お茶も玄々斎のお好みのもの。銘は忘れてしまった。

◆7月の呈茶
(みず れいれい かぜ さっさっ)
水は冷たく、風はさわやかに吹いているという意味。自然のあるがままを読んだもの。夏にぴったり。






◆7月の花入れ
夏は焼き物ではなく、籠を用いる。籠の場合は板敷きは不要。鵜籠が7月にぴったり。
◆7月の花
むくげを多く用いる。フジバカマなど、秋の七草を先取りで使用することも多い。
◆7月の御菓子
御菓子器はガラスやすかしの入った涼しげなものを用いる。「琥珀」は琥珀色の羊羹に大徳寺納豆が入っているもの。冷やして食す。

◆お茶会の準備
前日準備
席中の掃除 →
・席主・半東 → 点前道具の点検 → 床に掛け物をかける
・水屋 → 水屋道具の点検 → 抹茶を篩う、茶筅/茶巾ののりを取っておく
掃除、道具の点検が終わったら → 道具の配置
→ 当日の受付/茶席/水屋の流れについて確認

当日準備
朝の仕事
1、席中・待合・受付・水屋の汚れを点検
2、煙草盆・床の用意
(花入に水をはり、花を活ける)(香を荘る)
3、湯(釜用・点出し用・湯通し用)を沸かす(ポット3つ※最初の釜の湯は家からポットで用意する)
4、点前座の用意(水指・水つぎに水をはる)(道具を並べてみる)(棗に抹茶を掃く)(茶碗を仕組む※茶筅の穂先を水で清めておく) (蓋置の準備※柄杓を水につけて清めておく)
5、菓子の用意
(菓子鉢はぬるま湯で湯通し、奇数の菓子を盛り込む)(黒文字箸は水で濡らしておく)
6、点出しの用意
(菓子鉢を出すタイミング、三客の茶碗の確認)(抹茶の量、お湯の量の確認)
7、水屋の用意
(水屋用の茶杓、茶筅、柄杓の確認)(下洗い、本洗い、湯洗い、拭く場所)(残り花の置き場所)(霧吹き、タオルの置き場所)

茶会が始まったら
お点前さん
→ 水指・釜の水の量をチェックし、足りなくなったら水つぎをする
→ 席が終わるごとに、茶碗を仕組み、棗に抹茶を足しておく

席主・半東さん
→ 花入の水、花の霧吹き

水屋
→ 菓子の盛りつけ、箸の準備
→ 次客茶碗、仕舞付茶碗を用意
→ ポットの湯量

お運びさん
→ 席中の汚れを点検

※前日準備の際に道具を出した人が、当日の道具の片付けも行うこと!!


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system