"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席を楽しむ

茶席のマナー
 マナー
 当日用意するもの
 茶庭の歩き方
 茶室の入り方
 お菓子のいただき方
 薄茶のいただき方
 お道具の拝見の仕方

茶席の必需品
 ふくさ 古ぶくさ
 扇子  懐紙
 袱紗入れ 楊枝
 袖落とし 替え足袋
 ハンカチ 風呂敷
 数奇屋袋
 道中バッグ

席中の楽しみ
 役割
 形式
 茶花
 茶菓子
 茶碗

季節の茶趣
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月12月
 1月  2月
 3月  4月

茶道心得
お茶事備忘録


"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを学ぶ

茶席のきものを装う

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから





茶席を楽しむ



 [役割]  [形式]  [茶花]  [茶菓子]  [茶碗]



茶席に入って床の間を拝見するとき、まず軸を拝見します。その後、ひと膝動いて花の拝見をします。
花入れは、広間では胡銅、青磁、唐物籠、竹置筒など、堂々としたものが好まれます。花も風格のある凛としたものを生けます。 小間には、籠や竹筒に軽く入れるのが好まれ、花の数も少なめにします。焼き物の花入れは、形により広間と小間両方に用います。
お正月には、結び柳と椿。仲春には、レンギョウに山椿。初夏には、山ぼうしや牡丹の花。夏には、木槿や白芙蓉。名残りには、秋明菊。 開炉には、白玉椿。
花は、盛りを用いずに、少し早めを選んで時期が遅れないようにします。野にあるように・・・とはよく言われることですが、あまり凝るのではなく 自然のままを生けるようにします。花にも格があるため、一輪で生けられる真の花と5種に使うような行の花があります。

ページの上へ




茶席での楽しみのひとつにお菓子があります。茶会で最初に手にするのが菓子器・お菓子です。
菓子器は、当日の諸道具の取り合わせの中で、形や材質が決められ、お菓子は催しの主題に合わせて選びます。 正月には、常磐饅頭や花びら餅。夏には、琥珀糖で涼やかに。干菓子の数々には花鳥風月、四季折々の季節感が表現されています。
お茶のお菓子が現在のように豊富になったのは江戸時代に入ってからのこと。
利休居士の時代には、昆布、いりもち、銀杏、打栗、柿などの木の実、草の実などを使っていたそうです。甘い菓子はほとんどなく、甘味としては 氷砂糖の粉末を置き合わせる程度。 砂糖が南蛮貿易によって入ってくるようになってからお菓子つくりが発達したと考えられます。
お菓子の中でも、きんとん、練り物、こなし、薯預、餅皮で包んだもの、葛などのの類を主菓子と呼びます。 花鳥風月の押しもの、飴でつくった有平、麩のせいべいなどは干菓子と呼んで、2つを区別しています。主菓子は濃茶に干菓子は薄茶に用います。 薄茶だけでもてなす場合には両方を用いるのが正式ですが、最近は主菓子だけの場合が多くなっています。
主菓子は、蓋つきの食籠や銘々皿に、干菓子は平盆や足つきの盆に盛ります。食籠は、炉の季節には塗り物を、風炉の季節には焼き物を用い、 盛夏にはガラスを使ったりもします。また、茶事の濃茶には縁高と呼ばれる、重ねの塗り物が用いられます。
縁高(ふちだか)は五重一組が基本で、五人の客なら各々一個ずつ菓子を入れます。人数が増えるたびに上の重から次の重へと中に入れるお菓子の 数を増やし、最下部は正客用になるので必ず一個だけを盛りつけ、最後に蓋をし、その上に客の数だけ六寸の黒文字を並べて客に出します。
銘々皿を用いる場合は、一客分の菓子を一つの皿に持って出します。
菓子器に用いられるものは深鉢の焼き物が多く、この場合には一種の菓子を一人一個ずつ客の数だけ盛り、湿した黒文字の箸を添えて出します。

・花びら餅
丸く平らにした白餅に赤い小豆汁で染めた菱形の餅を薄く重ね、柔らかくしたふくさゴボウを二本置いて押し鮎に見立てたもの。餡は京の雑煮にみたてて白味噌あんを使用する。 初釜(新年最初の稽古初め)に用いる。
・琥珀(こはく)
錦玉(きんぎょく)とも呼ばれる。寒天に砂糖を加えて煮詰め、冷やし固めたもの。透明感が夏菓子に適している。
・きんとん
餡を裏ごししてそぼろ状にしたものを、餡や求肥で包んだ餡玉のまわりにつけたもの。
・求肥(ぎゅうひ)
蒸した白玉粉に白砂糖と晒水飴を加えて、煉り固めた柔らかい餅状の生地。餅のように固くならずに日持ちする。
・煉切(ねりきり)
蒸した山芋を裏ごししたものに砂糖を加えたものと、白餡に求肥や寒梅粉などのつなぎを入れて煉ったものとに分けられる。色をつけて形をつくったり、きんとんに仕立てたりする。
・こなし
蒸菓子の一種。こし餡に薄力粉を合わせて蒸しあげ、やわらかくもみこなしたもの。
・薯預饅頭(じょうよまんじゅう)
薯預とは山芋のこと。すりおろした山芋を饅頭皮のつなぎに使い、餡などを包んで蒸し上げたもの。
・葛(くず)
葛粉は、晩秋から2月までの寒期に葛の根を掘り出して泥を洗って叩き潰し、臼で挽いたものを布袋に入れて水で揉みだし、沈殿させたものをさらに漂白乾燥させて作る。各種沈殿粉の中でも最も良質とされ滋養に良い。吉野のものが有名で吉野葛と呼ばれる。 見た目の涼やかさから夏に好まれる。中の餡の色によって「青楓」「水牡丹」「夏木立」などの菓銘がつく。
・有平糖(あるへいとう)
砂糖を煮詰めて冷やし、棒状にしたものを様々な形に細工をしたもの。室町時代末期に渡来したもので、飴とは異なる。
・押物(おしもの)
砂糖、和三盆に豆粉、玄米粉などを混ぜ合わせ、少量の密を加えたものを木枠の箱に押し付けてつくる。自由に色をつけることができるので、季節や趣向によって様々なものがある。
・生砂糖(きざとう)
雲平(うんぺい)ともいう。砂糖に微塵粉を混ぜ伸ばして、流水や水草などを作る。

ページの上へ




よく聞くお茶の茶碗に「楽茶碗」があります。利休居士が瓦職人であった楽始祖の宗慶に、抹茶専用の 茶碗を作らせたといういわれがあり、「楽」の苗字は秀吉から賜ったと伝えられています。
茶碗は、国内でつくられる「和物茶碗」と、中国や朝鮮半島から渡った「唐物茶碗」に大きく分けられます。 「和物」には、楽焼きのほか、全国で作られている「国焼き」があります。
遠州七窯といわれる朝日、赤膚、古曽部、志戸呂、高取、上野、膳所。また枯淡な趣きの瀬戸、丹波、出雲、志野、信楽、備前、萩、唐津。 磁器のような滑らかさと絵の華やかな仁清、永楽、万古、薩摩。 それぞれの地域で受け継がれてきた歴史と特徴があります。
「唐物」には、中国系の天目、青磁、呉須、赤絵、祥瑞。朝鮮半島系は、井戸、御本、堅手、粉引き、三島、伊羅保、高麗など。ベトナムから 渡った安南などは「島物」と呼ばれ、唐物とは区別されます。


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system