"はんなり"を目指して、お茶事に装うきもののあれこれを綴っています

最初のページへ



■茶席を楽しむ

茶席のマナー
 マナー
 当日用意するもの
 茶庭の歩き方
 茶室の入り方
 お菓子のいただき方
 薄茶のいただき方
 お道具の拝見の仕方

茶席の必需品
 ふくさ 古ぶくさ
 扇子  懐紙
 袱紗入れ 楊枝
 袖落とし 替え足袋
 ハンカチ 風呂敷
 数奇屋袋
 道中バッグ

席中の楽しみ
 役割
 形式
 茶花
 茶菓子
 茶碗

季節の茶趣
 5月  6月
 7月  8月
 9月  10月
 11月12月
 1月  2月
 3月  4月

茶道心得
お茶事備忘録


"和日時"とは

茶席のきものを選ぶ

茶席のきものを学ぶ

茶席のきものを装う

特別企画


■ご意見/ご感想

連絡はコチラから





茶席を楽しむ



[マナー] [当日用意するもの] [茶庭の歩き方] [茶室の入り方]
[お菓子のいただき方] [薄茶のいただき方] [お道具の拝見の仕方]

茶室に入り客が揃うと、亭主があいさつをし、いよいよ茶席が始まります。
お菓子のいただき方、薄茶のいただき方、道具の拝見など、一般的な方法を説明しましたが、 一番いいのは、数多くの茶会に出掛け、雰囲気に慣れ、茶会を楽しむことです。
作法が完璧でも、楽しむ気持ちがなければ、一日をかけて出掛けたお茶会が疲れのみで終わってしまいます。
初心者は、初心者らしく、ふるまうのが好ましいのです。わからないことがあれば、近くの方に質問をしてみましょう。 きっと、優しく答えてくれるに違いありません。


茶会でのお菓子の食べ方

煎茶の場合には、お菓子が先に運ばれてきても、お茶をいただくまでは口にしないのが作法ですが、抹茶の場合は お茶の前にお菓子を全ていただいてしまいます。
主菓子と干菓子があり、主菓子は濃茶に、干菓子は薄茶といわれています。濃茶を省略した茶事の場合には薄茶でも主菓子を 出します。
お菓子は、正客が手に取ってから次客も取り回しを始め、口にするのも、まずは正客が口にしてからとなります。

◆銘々皿の扱い
銘々皿とは、一人分の菓子が乗せてある小さな皿です。運ばれてきたときに、一礼をして受け取ります。
お点前から「お菓子をどうぞ」のあいさつがありましたら、お点前に「お菓子をいただきます」の挨拶をします。
銘々皿を軽く持ち上げて一礼をします。
懐紙を取り出し、膝前に置きます。
箸や黒文字がある場合には、箸を使って菓子を皿から懐紙の上へ移動します。
箸がない場合は手で行います。
箸の先を懐紙で清め、箸を皿に戻します。
銘々皿の正面が亭主に向くように、右回しで向きを変えます。
場合によっては、銘々皿が拝見に回ることがあります。この場合には、懐紙や小茶巾を使って、銘々皿を清めます。 清める際に気をつけなければいけないのが、決して強くこすらないことです。軽く押すようにし、汚れが完全にとれなくてもよいのです。 箸や黒文字がある場合は、懐紙で箸先をくるみ、亭主や半東へ返します。

◆菓子器の扱い
大寄せの茶会など、人数の多い茶会では、5人分か7人分のお菓子を盛った菓子器が運ばれてくることがほとんどです。
菓子器が自分の前に運ばれてきたら、一礼をして受け取ります。
正客が取り回し始めたら、自分の前の方(まだお菓子が来ていない)に「お先に」、自分の次の方に「お先に」のあいさつをします。
菓子器を軽く持ち上げて一礼をします。
懐紙を取り出して、懐紙の上にお菓子を持ってくるのは、銘々皿と同じ動作になります。
箸や黒文字の先を懐紙で清め、菓子器に戻します。
菓子器を軽く持ち上げて、次の方へ渡します。置く位置は、自分と次の方との間の、畳のへり外です。
最後にお菓子を取り出した人が、菓子器を右回しで向きを変え、亭主に返すようにします。
置く位置は、下座の畳のへり外です。

◆盆の扱い
干菓子の場合は、盆に盛られていることがほとんどです。
盆の上から順に、干菓子を手で取って懐紙に置きます。
人数分ではなく、ひとつだけあるものは、飾りとして置かれているお菓子なので、取らないように 注意しましょう。

◆主菓子のいただき方
饅頭の場合は、楊枝・黒文字を使わずに、手で割って食べます。
そのほかのお菓子の場合は、持参した楊枝・黒文字を使い、食べやすい大きさに切っていただきます。
このとき、あまり小さく切ってしまうとお菓子がくずれやすくなるので、お菓子を2等分、または3等分に切る程度が よいでしょう。

◆干菓子のいただき方
盆から手で取り、手でいただきます。
手が汚れた場合は、懐紙の隅でぬぐって清めます。

ページの上へ


茶会での薄茶の飲み方

様々なお点前によって、お茶のいただき方は異なりますが、一般的ないただき方を紹介します。

◆薄茶
茶碗が運び出されて、自分の正面に置かれたら、一礼をします。
自分の上座よりの畳のへり内に右手で茶碗を取り込み、前の方に「お相伴頂戴します」のあいさつをします。
右手で、今度は自分の下座よりの畳のへり内に移動し、次の方に「お先に頂戴します」のあいさつをします。
右手で、自分の正面の畳へり内に移動し、「お点前頂戴します」のあいさつをします。
茶碗を右手でとり、左手にのせ、右手を添えて持ち上げ、軽く一礼をします。
茶碗の正面を避けるために、右回りに2回まわし、お茶をいただきます。
最後は「すっ」と残りを全て吸いきる気持ちでいただき、飲みきります。
飲み口を右手で清め、指先は懐紙で清めます。
茶碗の正面に戻すため、左回しに2回まわし、畳のへり外へ右手で置きます。

◆茶碗の拝見
茶碗を畳のへり外へ置いたら、一礼をします。
両手をついたままで、茶碗の全体を拝見します。
茶碗を軽く持ち上げ、高台やお印などを拝見します。
持ち上げるときは、自分の膝よりも高く上げないようにします。腕も脇をしめて固定するような形で。
茶碗を元の位置に戻し、一礼をします。
亭主に返すときは、右手で茶碗を持ち上げ、左手に置き、茶碗の正面が向こうを向くように 右回りに2回まわしておきます。
半東が取りにきたら、一礼をします。

ページの上へ


茶会での道具の見方

大寄せの茶会で行われる、略式の拝見のしかたについて説明します。

◆掛物・花入・香合の拝見
床の間に、掛物・花入・香合が飾ってあります。
茶室に入り、床の前まで進んだら座り、膝前に扇子を置いて一礼をします。
できるだけ、床の中心に座るのが理想ですが、大寄せの場合では人数が多いので 相客と拝見する場合もあります。そのときには「ご一緒に」とあいさつをして拝見しましょう。
最初の一礼は、お軸の作者が目の前に居る気持ちで一礼をします。
まず掛物の本紙、表装の上下、中、一文字を拝見します。
花入れに膝を向けるために扇子を移動し、膝を動かします。
花入と花を拝見します。
香合がある場合には、香合へ扇子と膝を向けて拝見します。
拝見が終わったら、正面に向き直って、一礼をします。

◆釜・棚の拝見
道具畳では、風炉・炉の正面に座って、膝前に扇子を置きます。
釜の形や地紋、環付、蓋など、炉のときは炉縁も拝見します。
灰や炭もよく拝見します。
次に棚へ扇子と膝を向け、棚の飾りつけを拝見します。
道具畳では礼をしないことになっているため、拝見が終わったら 扇子を持って立ち、席に着きます。

◆茶器・茶杓の拝見
正客から順に、お道具が拝見に回ってきますので、次の客へ「お先に」のあいさつをします。
前の客からは、畳のへり内に渡されるため、右手で持って自分の正面のへり外へ置きます。
正面に持ってきたら一礼をし、全体を拝見します。
蓋を開ける際には、必ず左手を添えて、しっかりと開けましょう。
蓋の表裏を拝見し、茶器の右へ置きます。
茶器の中の、抹茶のすくい加減を拝見します。
きれいにすくってあるので、その山をくずさぬように静かに持ち上げましょう。
山がくずれそうなときには、茶器を持ち上げずに拝見してもよいのです。
蓋を閉める際は、左手を茶器に添え、蒔絵の上下がずれないように閉めます。
拝見が終わったら一礼し、次の客へ渡します。
自分と次の客との間、畳のへり内へ右手で置きます。
茶杓も、茶器と同様の動作になります。


ページの上へ

最初のページへ



inserted by FC2 system